YOSHIKI、<LUNATIC FEST.>でクラシカルパフォーマンス。LUNA SEAとのコラボも

twitterツイート

YOSHIKIが6月24日(日)、幕張メッセにて開催された<LUNATIC FEST. 2018>に単独出演した。

◆ライブ画像(20枚)

YOSHIKIは、ロックフェスでは前代未聞の“クラシカル”のパフォーマンスで、ロックファンの度肝を抜いた。 その圧倒的なパフォーマンスに2万人を超えるオーディエンスが興奮と感動、YOSHIKIが“ロック”と“クラシック”の両方を極めたアーティストであることを確信させられた。また、次々とステージに登場したスペシャルゲストとのコラボパフォーマンスも大きな盛り上がりを見せた。


まず、大歓声と共に幕を開けたステージは、今宵の立役者であるLUNA SEAにちなみベートーベンの「MOONLIGHT SONATA(月光)」からスタート。ピアノの余韻が残る中、突如としてスクリーンにHIDEの姿が映し出され、 予想していなかったサプライズゲストの登場に会場から驚きの声と共に、涙を流すファンの姿も。

映画『WE ARE X』と、 ドキュメンタリー映画 hide 20th Memorial Project Film『HURRY GO ROUND』の映像をバックに、未発表のボーカル音源だという「HURRY GO ROUND」のHIDEの音声との奇跡のコラボパフォーマンスが実現した。



さらに「Say Anything」では、SUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)とTERU(GLAY)、「紅」ではRYUICHI(LUNA SEA)、そして客席からのリクエストに応えて披露された「X」では、なんとSUGIZO、RYUICHI、TERU、 逹瑯(MUCC)、ミヤ(MUCC)という豪華ゲストたちとのセッションが実現し、会場全体が大合唱& Xジャンプで熱狂の嵐。

なお、MCの最中に真矢(LUNA SEA)が YOSHIKIのジョークに応えて“岡持ち”で自身のラーメンを差し入れるというまさかのサプライズも。これには会場が温かい雰囲気に包まれるなど、YOSHIKI単独参戦のステージには続々アーティストが集結し、大盛り上がりだった。


また、 海外から招いたゲストボーカリストを迎えた「MIRACLE」、「TAIJIとHIDEに捧げる」と演奏された「Without You」、そして「ART OF LIFE」では圧倒的な存在感を見せつけ、その大迫力の演奏には感嘆の声が漏れ聞こえるほど。 ラストの「ENDLESS RAIN」では美しい音色に涙を流す観客も続出する中、鳴り止まない観客の大合唱と共にステージは幕を閉じた。

またYOSHIKIは、この夜のラストを飾るLUNA SEAのステージで「I for You」に飛び入り参加。 なんと彼らとのステージ上でのコラボは出会って30年の中で初めてのことであり、感激のあまり5人のメンバーが順番にYOSHIKIにハグする一幕も。そしてフィナーレではHIDEのギター(イエローハート)を抱えて登場し、本日の出演者全員とのセッションで会場を大いに盛り上げた。


この場所、そしてYOSHIKIだからこそ成しえた予測不可能なステージはX JAPANに負けない感動があり、そこには勝るとも劣らない新たなパフォーマンスの可能性が垣間見えた。ロックとクラシックが融合した、この唯一無二のパフォーマンスは多くの観客の心に刻み込まれたに違いない。

この日のためだけにロサンゼルスから急遽帰国したYOSHIKIはすぐさま日本を飛び立ち、再びスタジオでアルバムの仕上げに取り掛かることとなる。来月には過去最多公演数にして過去最高の競争率で話題を呼んだディナーショーの開催が待っている。


■<LUNATIC FEST. 2018> 6月24日(日)@幕張メッセ/YOSHIKIセットリスト

1.MOONLIGHT SONATA
2.HURRY GO ROUND
3.SAY ANYTHING
4.MIRACLE
5.KURENAI
6.X
7.WITHOUT YOU
8.ART OF LIFE
9.ENDLESS RAIN

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報