【インタビュー】D、こだわり抜いたニューシングル。そしてメンバーの素顔

twitterツイート

2018年にバンド結成15周年、メジャーデビュー10周年目を迎えるDが、6月27日(水)にニューシングル「Revive~荒廃都市~」を発売する。

◆撮り下ろし画像

この作品で、彼らが物語として奏でてきた“ヴァンパイアストーリー”の第2章がついに幕を開ける。今作に収録される「Revive~荒廃都市~」と「Next Generation」はヴァンパイアの王の息子であるジャスティスと四騎士に、「エトワール~白き異端者~」はジャスティスの恋人のブランシェに、「Diamond shape(Instrumental)」は四騎士にそれぞれスポットをあて、同じ時間軸のなかで起こる物語をマルチアングル的な視点で描いたもの。

シングルでもここまでコンセプチュアルなものをきっちり創作してしまうDにインタビューを行った。そこから見えてきた、Dの恐ろしくこだわり屋さんの一面、5人の素顔とは。

   ◆   ◆   ◆

■今作はヴァンパイアストーリーを描いたシングルなので衣装にも高級感、重厚感が必要

――最初に自己紹介をしていただこうと思います。もう15年目ですから、ここはただの自己紹介ではなく、バンド名がDなので“ダ行”がつくワードを盛り込みながら、でもじつは〇〇ですという意外性をとりこんで自己アピールをお願いします。

ASAGI(Vo): Dのなかで“ど”うぶつ“だ”い好き、ボーカルのASAGIです。いま2つダ行入れ込みましたからね! 実はこう見えて、人見知りです。

HIROKI(Dr):DのドラムのHIROKIです。D では“ド”ライバーもやってます。車の運転は得意で、道も詳しいです。こう見えて超人見知りです。

ASAGI:ドライバーなんだけど、彼は話に夢中になりすぎて高速降りるの忘れちゃうことがあります(笑)。

Tsunehito(B):DのベースのTsunehitoです。“ど”こでも寝られます。こう見えて大食いです!

HIROKI:ツネ(Tsunehito)は俺の2~3倍は食べます。僕は、こう見えて少食なんで(笑)。

Ruiza(G) :DのギターのRuizaです。“ド”ラゴンボールが大好きです。こう見えて、甘いもの大好きスイーツ男子です。最近はセブンイレブンの「メロンパンもこ」がオススメだったんですけど、食べ過ぎちゃって飽きつつあるかな(笑)。

HIDE-ZOU(G):DのギターのHIDE-ZOUです。たまに“ド”ジやっちゃいます。うっかりしちゃって。

ASAGI:Dの“うっかり八兵衛(『水戸黄門』に登場する食いしん坊のドジっ子キャラ)”ね。

▲ASAGI(Vo)

――こんなに素敵な洋風の衣装で着飾ってるのに、例えが時代劇っていうのが面白すぎます(笑)。

ASAGI:すいません。最近ソロで“和”をコンセプトにしたライブをやってたんでごっちゃになっちゃいました(笑)。

――今日着てらっしゃる新衣装もそうですけど。衣装は毎回曲に合わせてオーダーメイドで作ってらっしゃるんですか?

ASAGI:そうです。

――どうしても聞きたいんですけど。お値段って‥やっぱすごいんですか?

ASAGI:はい。フルオーダーですからね。○桁は優に超えます。

――うわーっ、マジですか!だからこんなにレースの紐1本の柄や素材。細やかなディテールまで作りこまれてるんですね。そこは、バンドとしてこだわっているところですか?

ASAGI:本来ならもうちょっと軽い方がいいのかもしれませんが(笑)。でも今作はヴァンパイアストーリーを描いたシングルですから、衣装にも高級感、重厚感は必要でした。

――個々の衣装のこだわりを聞いてもいいですか?

ASAGI:僕はロングコートが多いです。

Ruiza:僕は毎回どの衣装も気に入ったものばかりで、今回の衣装のシルエットも好きです。すごく動きやすく作られてるんで、腕とかガンガン上がります(といって、腕を振り上げる)。生地の素材もこだわりぬいたものだし、衣装のなかに色を入れるときは生地から染めて作っていただいたり、毎回フィッティングのときにはテンション上がりますね。衣装は本当に大好きなので、たま~にASAGI君の衣装を隠れて勝手に着ちゃったりしてます。すいません(笑)。

HIDE-ZOU:今回は指出しグローブがバイクに乗るイメージにも合ってますし、かなりのお気に入りですね。

Tunehito:ヴァンパイアストーリーのなかで、自分は女性ヴァンパイアの役どころなので、スカートの衣装になっています。衣装は役に入り込むためにも、表現するためにも必要だと思います。ジーパンにTシャツという格好でステージに立つというのとは、やっぱり印象も違うと思うので、衣装は必須ですね。

HIROKI:自分はどの衣装も袖が七分袖ですね。ドラムの演奏に弊害がないように。シルエットは体に締め付け感があるようなもののほうが、気持ちも引き締まるので好きです。

▲Ruiza(G)

――これまでの衣装はすべてとってあるんですか?

ASAGI:はい。コンセプトライブで昔の衣装を着たりしますから。

――昔の衣装が入らない問題を聞いたりすることがありますが…。

ASAGI:ウチはあまりないですね。

――ということは、この15年間、メンバー全員体型が変わってないということですか?

ASAGI:と、衣装さんは言っていました(笑)。


◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報