【ライブレポート】キノコホテル、“創業10周年”3デイズ公演「人間の限界に挑戦いたしました」

twitterツイート

キノコホテルが、2018年6月22日~24日にMt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて3日連続公演を開催した。本記事では、オフィシャルより届いたライブレポートをお届けしよう。

◆キノコホテル 画像

<サロン・ド・キノコ~茸クロニクル2007-2018>と題されたこの公演は、キノコホテルのオリジナル曲群を時系列に3日間に渡り披露、22日は徳間ジャパンコミュニケーションズ時代、23日はヤマハミュージックコミュニケーションズ時代、24日は現在のキングレコード時代の楽曲を中心としたセットリストとなった。
 
連日、数曲にサポートミュージシャンとして管楽器2人とキーボードからなる3人組の海藻姉妹が参加。7人編成となったキノコホテルでの、ゴージャスなインスト「♯84」、フリージャズ的に展開していく「悪魔巣取金愚」、P-FUNKにも通底するかのような無気味な「赤ノ牢獄」あたりは凄まじいグルーヴが生まれていた。

本編の中間部では、キノコホテルの4名が楽器を置いて、当時の衣装の変遷を早着替えで次々と紹介して行くファッションショー「東京キノコ・コレクション」が各日実施され、マリアンヌ東雲曰く「人間の限界に挑戦いたしました」とのこと。さらに、24日には新曲も2曲披露され、「そろそろアルバムを出そうかな、と思っております」と制作準備中である事を匂わせた。

3日間で、マリアンヌ東雲の手によるすべてのオリジナル曲、各日カバー曲を2曲づつ交えて 全63曲を演奏したキノコホテル。2012年12月に入社したベーシスト、ジュリエッタ霧島加入後の初披露曲がいくつかあり、バージョンアップされた旧曲にも現在のバンドの充実ぶりがよく表れていた。

全日来場した胞子(ファン)も多かったようであるが、やはり、レーベルや時期にかかわらず、キノコホテルの楽曲は素晴らしく、ジャンルや世代を超えて惹き付けてやまないワンアンドオンリーの存在マリアンヌを筆頭とするキノコホテル4人の魅力を再認識、といった祝祭のような3日間であった。

撮影:にしゆきみ







twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報