キンクス「正式に再結成する。あとでパブでね」

twitterツイート

レイ・デイヴィスは、英国のTV局チャンネル4のインタビューで、キンクスが“正式に”再結成すると話した。「あとでパブで」と付け足し、インタビュアーを笑わせたが、オリジナル・メンバーの弟デイヴ・デイヴィス(G)&ミック・エイヴォリー(Ds)とスタジオに入る計画を立てているのは間違いないようだ。

◆レイ・デイヴィス画像、インタビュー動画

「ザ・ローリング・ストーンズにインスパイアされた」というレイは、バンドのために書いた曲があり、いまそれをやるのに最適な時期だと思うと話し、「キンクスは再結成するのか?」との質問に「ああ、正式に…。あとでパブでね」と答えた。

「(でも)ザ・ローリング・ストーンズのようにきちんと組織化されたものにはならないだろう。ザ・ローリング・ストーンズはパブリシティに優れ、素晴らしいバンドで、自分たちのキャリアをちゃんとコントロールしている。称賛すべきだ。ミック(・ジャガー)は素晴らしいPRをしている。彼らがやっているのを見るとインスパイアされる。でも、キンクスは多分、地元のバーでプレイするだろう」

また、インタビュー途中でエイヴォリーから電話があり、「あとでパブで会おう」と答える一幕も見られた。



レイ&デイヴはこれまで何度も再結成を試みてきたが、その都度、袂を分かってきた。今回は実現するのか──。デイヴはこのインタビュー放送後、「僕とレイはニュー・アルバム制作の可能性について話した。レイには完成させたい曲がいくつかあり、僕にはレイと作った曲が3~4ある。僕ら、ここしばらくこのことについて話してるんだ。現時点では公演やそのほかのことについては話し合っていない」とつぶやいている。

実現すれば、1993年発表の『Phobia』以来の新作となる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報