バリー・ギブ、チャールズ皇太子よりナイト爵位授与

twitterツイート

ビージーズのバリー・ギブが、火曜日(6月26日)、英国バッキンガム宮殿にてチャールズ皇太子よりナイトの爵位を授与された。

◆式典の様子

音楽と慈善活動の功績を称えられたバリーは、亡くなったロビンとモーリスを偲び、「弟たちがいなければ、僕はいまここにいなかっただろう。もし自分だけで曲を作っていたら、全く別のものになっていただろう。何が起きたか、彼らが気づいてくれているよう願い祈ってる」とコメントした。“サー”と呼ばれることには「ちょっとシュール」だと感じているそうだ。

ギブ兄弟は、英国王室属領国マン島の生まれで、バリーが12歳のときオーストラリアへ移住。バリー、ロビン、モーリスにより結成されたビージーズは、「Massachusetts」「I’ve Gotta Get A Message To You」「Stayin’ Alive」「Night Fever」「Tragedy」など多くのヒットを生み、世界的な成功を収めた。

バリー・ギブの叙勲は昨年末、リンゴ・スターと同時期に発表され、リンゴはひと足早く、今年3月ウィリアム王子よりナイト爵を授与された。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報