メガデス、フランスのフェスティバルでアーチ・エネミーのM・アモットと共演

twitterツイート

日曜日(6月24日)、フランスで開かれたフェスティバル<Hellfest>に出演したメガデスが、アーチ・エネミーのギタリスト、マイケル・アモットをゲストに迎え、「Symphony Of Destruction」をプレイした。

◆デイヴ・ムステイン&マイケル・アモット画像

アモットはその後、ステージ上で撮られたムステインとの2ショットと共に、「デイヴ・ムステイン&メガデス、Hellfestで“Symphony Of Destruction”を一緒にプレイするよう誘ってくれて、ありがとう。音楽で僕の最大のインスピレーションの1である彼らと共演するなんてアンリアルだ。大感謝!」とメッセージを投稿した。アーチ・エネミーは2006年、メガデスの北米ツアーに参加。そのとき、当時のヴォーカリスト、アンジェラ・ゴソウが「Peace Sells」で共演していた。



現在、ヨーロッパ各地のフェスティバルに出演中のメガデスは、この日、および前日(23日)ベルギーで開催された<Graspop Metal Meeting 2018>で、6月22日に急逝した友人、ヴィニー・ポールを追悼し、「My Last Words」を、ムステインいわく「約20年ぶり」にパフォーマンスした。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報