【インタビュー】<SUMMER&IDOL>、元アイドルたちが期間限定ビーチカフェを由比ヶ浜にオープンする強い信念の正体とは?

twitterツイート

アイドリング!!!やAKB48、乙女新党、℃-uteなど、さまざまなグループに所属していた元アイドルたちがプロデュースするビーチカフェ<SUMMER&IDOL>が、2018年7月2日(月)〜8月31日(金)まで鎌倉由比ガ浜海水浴場にてオープンする。それに先立つ6月下旬、本プロジェクトの実行委員である伊藤祐奈(&IDOL 総合プロデューサー/元アイドリング!!!)、高橋優里花(&IDOL デコレーションプロデューサー/元乙女新党)、名取稚菜(&IDOL フードプロデューサー/元AKB48)、平田梨奈(&IDOL インバウンドプロデューサー/元AKB48)の4名がBARKS編集部に来訪。<SUMMER&IDOL>開催のいきさつやカフェの特徴、またアイドルのセカンドキャリアについての熱い想いを語ってくれた。

  ◆  ◆  ◆

■アイドルのセカンドキャリアを作ることが
■<SUMMER&IDOL>を始めるきっかけの1つ

――まず、ビーチカフェ<SUMMER&IDOL>を開催しようと思った理由を教えてもらえますか?

伊藤:私は14歳から20歳までの約6年、アイドリング!!!というアイドルグループに所属していました。アイドル卒業後、人生で初めてのアルバイトや海外留学など芸能活動とは違う経験をしたのち、21歳でTKMKという会社を自身で設立しました。私と同じように多くのアイドルは青春時代をアイドルに捧げていますが、アイドル活動中に卒業後はどのようなセカンドキャリアを歩むか考えると思うんです。そのアイドルのセカンドキャリアのモデルを作るということが、このカフェを始めるきっかけの1つでした。だから、現役アイドルに向けて始めたプロジェクトとも言えます。

――伊藤さんをはじめ、元アイドルの方がプロデューサーとして運営に関わっているのが<SUMMER&IDOL>の特徴ですよね。

伊藤 そうですね。アイドルをやってきた子って、いろいろな分野に興味を持っていて、スキルも高いんです。<SUMMER&IDOL>は、今年の2月末にプロジェクトを立ち上げましたが、そこから私が卒ドル(アイドルを卒業した元アイドル)にお声がけしていきました。

――<SUMMER&IDOL>は、そこで働くカフェスタッフも一般公募オーディションを勝ち抜いた子なんですよね?

伊藤 オーディションを受けてきてくれた子は、みんな可愛くて(笑)。その中から選ばれた15名がカフェスタッフとして働いてくれます。オープン期間中、映像配信なども予定していますし、会期の最後には人気のあるスタッフを表彰しようと思っています。これを機に、アイドルデビューする子も出てくるんじゃないかなと思います。

▲伊藤祐奈

――イベントも毎日開催されるんですか?

伊藤 現役アイドルグループのイベントも、ほぼ毎日開催する予定です。由比ガ浜は音量規制があるので一般的なライブパフォーマンスは難しいのですが、アコースティックライブやファンミーティングなど、普段できないようなアイドルとファンの交流の場を作りたいと考えています。

――それはファンも喜びそうですね。

伊藤 そうですね。男性のファンはもちろんですが、<SUMMER&IDOL>では若年層の女性ファンにも喜んでもらいたいと思っています。アイドル業界を活性化させるためには、ファン層の拡大化が大事ですので、<SUMMER&IDOL>は若い女性に喜んでいただけるような企画も用意しています。その1つが(名取)稚菜がプロデュースするフードですね。

名取 私はカフェをオープンさせるのが夢なんです。そのことで(伊藤)祐奈に相談したら、<SUMMER&IDOL>でフードプロデューサーとしてプロジェクトに入らないかと誘ってもらえて。夢を叶える第一歩だと思い、引き受けました。今回メニューを作る際にこだわったところは、見た目、味、価格のバランスを取ることですね。若い女性に喜んでもらうためにインスタ映えは意識しつつ、味にもこだわりました。

――メニューはどのくらいでできたんですか?

名取 約2ヵ月ぐらいですね。スイーツはいちごをメインにしていて、何個頼んでも可愛く見えるメニューになっています。あと、見た目にこだわったアメリカンドッグも、今
最終の仕上げをしているのですが、そちらもインスタ映えすると思います。

▲名取稚菜

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報