トーンアームレスのモーター駆動コントローラー「Twelve」登場

twitterツイート

inMusic Japan株式会社から、Rane DJの新製品「Twelve」が7月4日(水)に発売される。

本製品は、トーンアームレス設計となっており、トーンアームや針へのダメージから解放されるだけでなく、不要なフィードバックノイズを発しないため、思う存分サブベースをミックスに取り込むことが可能だ。

2種類のトルクと12インチのモーター駆動プラッターは、レコード盤を一周するのに3,600個の波形を生成する分解能を持ち、これにより精度の高いパフォーマンスを行えるようになった。


▲スリップマット/バターラグなどでのカスタマイズもアナログ・ターンテーブルと同様に行える。

搭載されるコントロール機能はいたってシンプルで、デッキの選択ボタン×4とホット・キューのトリガーやトラック内検索を行える多機能タッチ・ストリップがトーンアームの代役として採用されている。


▲完全メタル素材により、親近感を与えるデザイン設計に。

「Twelve」は、Seratoの公式アクセサリーで、USBを接続するだけでSerato DJソフトウェアで認識され、全ての機能が使用可能となる。Rane Setventy-Twoバトルミキサーや、SL4オーディオインターフェイスと組み合わせることで、簡潔且つフルクオリティーのシステムを構築することができる。

製品情報

◆Twelve
価格:オープン(¥89,800 税込)
発売日:2018 年7月4日(水)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報