フェンダーから、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のシグネイチャーベースを含むアーティストモデルが登場

twitterツイート

FENDER MUSICAL INSTRUMENTS CORPORATION(以下フェンダー)が、米ナッシュビルで開催中のSummer NAMM 2018で、新しいアーティストシグネイチャーモデルを発表。フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、アルバート・ハモンドJr.、ジョニー・マーのモデルが登場した。日本での発売日は未定。

●Flea Jazz Bass Active

フリーのシグネイチャーモデル「Flea Jazz Bass Active」は、フリーにとって2本めのアーティストモデルとなるアクティブベース。2016年に作られたフリーお気に入りのレコーディング用ベースであるShell Pink Flea Jazz Bassを再現した。ヴィンテージスタイルを持つ今までのモデルとは正反対で、ハイパーモダンとも言えるキャラクターを持っている。

マッチングヘッドを採用したサテン仕上げのネック、オリジナルのジャズベースボディとAGUILAR OBP-1 18V のプリアンプを搭載したホットフェンダーハムバッキングピックアップにより、スタジアムを揺らすほどの大音量でファンキーなサウンドを鳴らす。Fender Custom Shopのマスタービルダーであり、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの大ファンでもあるジェイソン・スミスとフリーのアイデアが集結した1本。



▲Flea Jazz Bass Active (Satin Inca Silver) 230,000円(税別)


▲Flea Jazz Bass Active (Satin Shell Pink) 230,000円(税別)

●Albert Hammond Jr. Stratocaster

ザ・ストロークスのギタリスト、アルバート・ハモンド Jr.の独自のタッチを持つストラトキャスターの仕様を踏襲、カスタマイズされたピックアップの切り替えが特徴的なモデル。ピックアップセレクターのポジション4はリアとフロントのピックアップをタンデムで作動させ、ポジション1とポジション3は従来とは逆の配置になっている。70年代のラージヘッド裏にはアルバートのサインが入っている。70年代モデルにインスパイアされており、ブレット型トラスロッドナット、3点留めのFロゴ入りネックプレート、カンタンにネックの角度調整ができるMicro-Tilt構造、70年代ロゴなどが特徴。


▲Albert Hammond Jr. Stratocaster (Olympic White) 150,000円(税別)

●Johnny Marr Jaguar

ジョニー・マーの改造された1965 Jaguarに基づいて作られたモデル。2018年の新作「CALL THE COMET」の発売に際して、もともと2012 年に発売されていたJohnny Marr Jaguarを、新しい60年代のヴィンテージカラーであるLake Placid Blueで甦らせた。デュアルカスタムワウンドのBARE KNUCKLE JOHNNY MARR SINGLE-COIL PICKUPSは、切れ味の良い濃密なトーンを生み出す。また、4ポジションのブレードピックアップ、より厚みのあるトーンと高い出力を誇るデュアルアッパーホーンスライドスイッチ、ヴィンテージスタイルの22フレットを備えた7.25 インチラジアスのローズウッド指板を採用する。


▲Johnny Marr Jaguar (Lake Placis Blue) 245,000円(税別)

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報