Raneの最高級ロータリーミキサー「MP2015」

twitterツイート

Rane DJの新製品「MP2015」が7月4日(水)にinMusic Japan株式会社より発売される。

「MP2015」は、40年以上にわたるロータリーミキサー開発の技術とノウハウを持つRaneが開発したハイエンド仕様のDJパフォーマンス用ミキサー。本製品には品質・性能の高いAKM(旭化成)製のAudio 4 Pro(TM)デルタ・シグマ・モジュレーター・コンバーターが採用され、レコーディングスタジオクラスの音質を実現した。

フォノ/CD(及び全てのラインレベルのソース)のアナログ入力端子は、ゴールドのRCAコネクターが採用されており、スタジオクオリティーのプリアンプによって電磁波、無線電波、および静電気から音質を保護する。


▲18dB /オクターブのスロープを備えた18Hzハイパス超低周波(ランブル)フィルターと、12dB /オクターブのレートで50kHzでロールオフを開始する超音波フィルターも搭載。

4つの入力チャンネル、およびサブミックスチャンネルには、LP(ローパス)、HP(ハイパス)、L-H(ローパスとハイパスのコンボ)の3段階の切替スイッチを搭載。全てのフィルターに24dB /オクターブ(4ポール)のスロープを持ち、スイープ効果を与えることができる。


▲Low-Midのクロスオーバーでは80Hzから640Hz、Mid-Highのクロスオーバーでは1kHzから8kHzまで調整可能。

また、サブミックス入力チャンネルでは複数の入力から簡単にミックスすることが可能で、複数の入力ソースに対して一括してEQ、フィルター、ボリュームのコントロールが行える。全ての入力はこのサブミックスに送ることができ、ここからサブミックス専用のメーター、キュー、USB出力の使用、さらに外部エフェクトを挿入し、サブミックスまたはメインミックスへとアサインすることも可能だ。


▲セッション入力セクションにあるSUBボタンを押すことによって1つの独立した入力チャンネルとしても使用できる。

本製品には、2機のUSB端子を装備。2人のDJがMP2015に接続している際には、ソース・セレクト・ノブでコンピュータを切り替えることができ、シンプルなDJの交代を可能にしている。


▲最大4台のターンテーブル、4台のCDデッキを接続する、もしくは2台ずつ接続することができる。




製品情報

◆MP2015
価格:オープン(市場想定価格¥298,000 税込)
発売日:2018年7月4日(水)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報