テクノレーベル「SPECTRA」、明日30日21時からストリーミング番組を配信

twitterツイート

2015年から続くHiroyuki Arakawa主宰のテクノレーベル「SPECTRA」が、2018年5月より毎月ストリーミング番組を渋谷BPM MUSIC BARより開始した。

SPECTRAはこれまでにレコードリリース含む3タイトルをリリースし、それらの音源はリッチー・ホウティンやローレン・ガルニエ、パコ・オスーナ、フランク・ミュラーといった著名アーティストもプレイしている。そんなアートワークと楽曲が調和した強者アーティスト集団による番組が、6月30日(土)21:00より渋谷BPM MUSIC BARにて開催される。


会場でも自宅でもSPECTRAの今を気軽に体感できる内容となっており、前回の会場も配信も盛り上がりを見せた。また、来場できない際にも、当日20:00よりSPECTRAのオフィシャルSNSアカウントよりアナウンスされるリンクから参加可能となっている。

今回のコンテンツは、SPECTRAのアーティストから、Hiroyuki Arakawaが最新ライブセットを披露し、レジデントDJからSANJIとHOWAKOが出演。またピックアップDJとして、CHRUMIとLIKOが参加する。現場に訪れてもよし、自宅でクラブ気分を浸ってもよし。思い通りに楽しんでほしい。



<SPECTRA LABEL SHOW vol.2>

2018年6月30日(土)
渋谷BPM MUSIC BAR
■Start 21:00
■Streaming
UTC 12:00〜15:00
JST 21:00〜24:00
■Music Charge
Mens 1,300yen
Ladies FREE!!
■LIVE
Hiroyuki Arakawa (SPECTRA, TOOLROOM, MULLER)
■DJ
SANJI (SPECTRA, MESSING)
HOWAKO (SPECTRA)
CHRUMI
LIKO

◆SPECTRA オフィシャルサイト
◆BPM MUSIC BAR オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報