ベイ・シティ・ローラーズのアラン・ロングミュアー、死去

twitterツイート

ベイ・シティ・ローラーズの創設メンバーの1人、ベーシストのアラン・ロングミュアーが、現地時間の7月2日早朝、亡くなった。BBCによると、3週間前、休暇で訪れていたメキシコで体調を崩し、スコットランドへ帰国後入院していた病院で息を引き取ったという。6月20日に70歳の誕生日を迎えたばかりだった。

◆アラン・ロングミュアー画像

家族はFacebookを通じ、こう訃報を伝えた。「非常に悲しいことですが、家族に囲まれる中、アランが安らかに息を引き取ったことをご報告します。彼は特別な心を持つ類い稀な人でした。彼は出会った人たちみんなにたくさんの愛と優しさをもたらしました。私たち家族の心には大きな穴があいてしまいました。彼は慎み深く、自分のことを”幸運に恵まれたエジンバラ出身の配管工に過ぎない”と言っていました。でも、幸運に恵まれていたのは私たちの方です。彼と人生を共有することができました。みなさんからの愛と支援に感謝します。アランの死を追悼できるよう、どうかプライバシーを尊重してくださるようお願いします」



バンド・メイトだったレスリー・マッコーエンは「RIP」とアランの写真をTwitterに投稿。スチュアート”ウッディ”ウッドは「アランが亡くなったと知り、とても悲しい。40年に渡り僕らが過ごした楽しい時間は忘れない」と追悼の言葉を寄せている。



アランは60年代半ばに、弟デレクらとバンドを結成。ベイ・シティ・ローラーズと改名し、1971年に「Keep On Dancing」でデビューした。1973年にマッコーエンが加入してから「Shang-A-Lang」「Summerlove Sensation」「Bye Bye Baby」「Give A Little Love」などがヒット。日本でも旋風を巻き起こした。

アランは2015年、ベイ・シティ・ローラーズの再結成に参加。数十年ぶりの来日を果たした。

合掌。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス