back number、“14年来の友人”『銀魂』に映画主題歌書き下ろし

twitterツイート


back numberの新曲「大不正解」が、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の主題歌となることが発表されている。

◆back number、『銀魂2』画像

『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)にて連載中の空知英秋による人気コミック『銀魂』の実写映画化第2弾となる作品だ。前作に続いて福田雄一が脚本・監督を務め、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈をはじめとする豪華キャストが結集。「真選組動乱篇」「将軍接待篇」のエピソードをベースにしたアクションエンターテイメントが展開される。

主題歌となる「大不正解」は、かねてより原作の大ファンだったというback numberによる書き下ろし楽曲。バンドにとっては2017年12月にリリースされた「瞬き」以来の新曲となる。清水依与吏(Vo&G)と『銀魂2』の松橋真三プロデューサーは、同曲について次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

■清水依与吏(back number) コメント
思えばジャンプで掲載されてから毎週『銀魂』に触れているわけですから、なんだか14年来の友人に友情をテーマに曲を書くかのようなこそばゆさを感じつつも、純粋に嬉しかったし、楽しみながら作れました。
自分達の中にある『銀魂』の世界と、実際の人生の中での『銀魂』な瞬間を、あまり踏み込んだことのない領域の熱量で歌えたと思います。

■松橋真三プロデューサー コメント
『銀魂』は、幸運にも昨年の実写邦画興行収入ナンバーワンを獲得できましたので、
今人気ナンバーワンのback numberに頼む権利があると思いました。
テーマは『熱い友情』です。
快く引き受けていただいただけでなく、
作曲に一生懸命取り組んでくれ、なんとデモを数曲用意してくれました。
そのどれもが真に銀魂にふさわしい曲でしたが、
その中から今回のエピソードに最もふさわしい、熱くてかっこいいナンバーを選ばせていただきました。
本当に映画にぴったりの素晴らしい曲です。
『銀魂2』は今ラッシュまで仕上がり、完成まであと少しです。
すでに前作を超える傑作になっているとはっきり言い切りますが、back numberとの組み合わせにより、さらに熱い映画になると保証します。
平成最後の夏は、もっと笑って、もっと泣いて、もっと熱くなりましょう!

   ◆   ◆   ◆

なお、back numberはこの後7月29日より、自身初となる5公演の東名阪ドームツアー<back number dome tour “stay with you” supported by uP!!!>を開催。7月1日に一般発売された同ツアーのチケットは、すべて即日完売となっている。

■『銀魂2 掟は破るためにこそある』

2018年8月17日(金)全国ロードショー
出演:
小栗旬/菅田将暉 橋本環奈/柳楽優弥 吉沢亮/長澤まさみ
岡田将生/ムロツヨシ キムラ緑子 佐藤二朗/中村勘九郎 堂本剛 ほか
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本/監督:福田雄一
主題歌:back number「大不正解」(ユニバーサル シグマ)
製作:映画「銀魂2」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー 
配給:ワーナー・ブラザース映画  
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
公式サイト:gintama-film.com
公式Twitter:@gintama_film  ハッシュタグ:#映画銀魂
公式インスタグラム:@gintamafilm

■<back number dome tour “stay with you” supported by uP!!!>

2018年
7月29日(日) 愛知・ナゴヤドーム
8月11日(土) 東京・東京ドーム
8月12日(日) 東京・東京ドーム
10月27日(土)大阪・京セラドーム大阪
10月28日(日)大阪・京セラドーム大阪
ツアー特設サイト:http://backnumber.info/feature/dometour2018

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報