【レポート】Da-iCE岩岡&和田ら出演『婚外恋愛に似たもの』、ドラマ本編で使用されるMV撮影に密着

twitterツイート

Da-iCEの岩岡徹、和田颯らがdTVオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』で演じているアイドルグループ「スノーホワイツ」が歌う劇中歌、「La La La...」のミュージックビデオが公開された。

◆ミュージックビデオ・撮影現場オフショット

6月22日から映像配信サービスdTVで配信されている『婚外恋愛に似たもの』は宮木あや子原作の同名小説をもとにしたドラマで、栗山千明、安達祐実らが“アイドルに恋をした35歳オンナ”のリアルを描く。岩岡徹、和田颯は、太田将熙(DearDream)、増子敦貴、聖貴とともに劇中に登場する「スノーホワイツ」というアイドルグループのメンバーとして出演している。

今回BARKSでは劇中に登場するミュージックビデオ撮影に密着取材したので、その模様を写真とともにお伝えする。


撮影が行われたのは5月半ばの暑い日。スノーホワイツ仕様の衣装に身を包んだ岩岡徹、和田颯、太田将熙、増子敦貴、聖貴の5名は、既にドラマ本編の撮影顔合わせやダンスフリ入れなどで会っていることもあり、現場入りした直後から和気あいあいとした様子。それぞれを“岩岡=みらきゅん、和田=ジルさま、太田=ハッチ、敦貴=ちかちゃん、聖貴=マッシュ”という役名で呼びあい、まるでスノーホワイツというリアルなグループがそこにいるかのような光景だった。

まずは5人が駆け抜けるシーンを撮影。監督の合図とともに一番早く駆けだしたのは和田。そのあとを続く4人は「ジルさま~!」と叫びながら追いかけていく。そのシーンを何度も繰り返していくが、回数を重ねるごとに全員が本気モードで競争していくのが面白かった。炎天下の中かなりの距離を何度も走っていたが、さすがは全員ダンス経験ありのメンバー、ヘトヘトになったような様子はない。むしろ汗をかいた姿も爽やかで “アイドルグループ”にぴったりのシーンになった。


続いてはソファで談笑しながらのシーンへ。監督からの指示は「自由に体を動かして」という難易度の高いものだったが、「スノーホワイツに乾杯!」とグラスをあわせてからの5人はテーブルに置いてあるトランプで遊んだり、アコギを抱えてハミングしたりとさまざまな表情を見せてくれた。楽屋での一コマのような自然体の演技が印象的だ。

また、クールなダンスシーンもこのミュージックビデオのみどころだ。振り付けを担当したYWKI氏によると、「オシャレでカッコつけられるダンスに仕上がった」とのこと。撮影の合間の空き時間が少しでもできると、いつの間にか5人が集まっていて振り付けの確認をしている。このように全員が本気でスノーホワイツに取り組んでいるからこそ、素敵なミュージックビデオができているのだと実感できた。普段の彼らとはちょっと違う、スノーホワイツとしての岩岡徹、和田颯、太田将熙、増子敦貴、聖貴の姿をぜひドラマとミュージックビデオで楽しんで欲しい。


なお、「スノーホワイツ」が歌う劇中歌、「La La La...」のミュージックビデオおよび音源は、7月4日0:00から8月31日23:59までの期間限定で配信される。ミュージックビデオはdTVおよびYouTubeにて限定公開。音源はiTunes、レコチョク、LINE MUSIC他、主要配信サービス各所にて配信開始される。


ドラマ『婚外恋愛に似たもの』

配信開始日:2018年6月22日(金)(全8話/毎週1話更新)
出演: 栗山千明、江口のりこ、平井理央、富山えり子、安達祐実
原作:「婚外恋愛に似たもの」 宮木あや子(光文社刊)
監督:新城毅彦
映画『ひるなかの流星』『四月は君の嘘』『潔く柔く』『Paradise Kiss』
TVドラマ『あすなろ白書』『南くんの恋人』『僕たちがやりました』
脚本:西荻弓絵 TVドラマ『ダブル・キッチン』『ケイゾク』『特上カバチ!!』『SPEC〜零〜』『民王』『女囚セブン』
エグゼクティブプロデューサー:上田徳浩(エイベックス通信放送)堀切八郎(関西テレビ放送)
プロデューサー:内部健太郎(エイベックス通信放送) 中畠義之(関西テレビ放送)尾上太基(関西テレビ放送)神山明子(メディアプルポ)
制作:関西テレビ放送
制作プロダクション:メディアプルポ
製作著作:(C)エイベックス通信放送 
ドラマ特集サイト:https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007035
スノーホワイツ特設サイト:https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007037
ドラマ公式SNS:Instagram  @kongai_renai / Twitter @kongai_renai

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報