【インタビュー】BAND-MAID、新作とメンバーのギャップ(KANAMI・MISA・AKANE編)

twitterツイート

これまでのハードなバンドサウンドのイメージを想像すると、またまたギャップに驚かされるBAND-MAIDの3rdシングル「start over」が完成した。結成当時の原点を踏まえて、“歌いやすいメロディ”を軸に制作された表題曲がJ-POP寄りのアプローチなら、カップリング「Screaming」はイントロからギターソロが炸裂する超アッパーなハードロック。

新たな試みが散りばめられた今作について掘り下げるとともに、前回の小鳩ミク(G&Vo)、彩姫(Vo)編に続き、今回はKANAMI(G)、MISA(B)、AKANE(Dr)のステージとふだんのギャップに注目した。真面目に音源について語る前半と笑いっぱなしだった後半もまたBAND-MAIDのギャップ。「BAND-MAIDにまともなメンバーはいない(笑)」という小鳩の発言を裏付けるぶっとんだエピソードが満載のインタビューとなった。

  ◆  ◆  ◆

■ちょっとスランプになってしまったんです

──ピアノで始まる表題曲「start over」はメロディもアレンジも今までのBAND-MAIDとは違うポップで柔らかな印象を受けました。バンドの中で「次はこういう方向にしよう」って共有したことはありましたか?

小鳩ミク(以下小鳩):今回、初めて曲を作る前に会議をしたっぽね。

KANAMI:うん。いつも私がさいちゃん(彩姫)に「こういう曲がいいんじゃない?」ってアイディアをもらって制作した曲のデモをみんなに渡す流れなんですけど、今回は「より多くの人に聴いてもらいたいけど、BAND-MAIDらしいハードロックな部分も残したいし、どうしたらいいんだろう?」ってちょっとスランプになってしまったんです。で、スタッフに相談したら「みんなで話し合ってみなよ」って提案されて、そういう場を設けました。

──会議ではどんな話が出たんですか?

KANAMI:BAND-MAIDってメロディが難しいというか、歌いづらい曲が多いよねって。そこから、“みんながもっと気軽に歌えるようなカラオケライクな曲を1曲作るのはどう?”っていうのと、“一度、原点を見直してもいいんじゃない?”という話が出たんです。結成当初のBAND-MAIDはポップな曲が中心のバンドだったので、スタートラインを思い出しつつ、今の自分たちの世界を広げられるような曲にしたいねっていう結論に至りました。

──カラオケで歌いやすい曲を意識したことは今までなかったんですか?

小鳩:例えば「Choose me」のサビは「カラオケで歌ってもらえたらいいな」っていう気持ちはあったんですけど、曲全体として歌いやすい曲を作ろうと意識したことはなかったですっぽ。

▲小鳩ミク(G&Vo)

──焦点を当てていたのはお給仕(ライブ)?

KANAMI:お給仕でどう見せられるか考えて作ることが多かったですね。

──今年2月にリリースされたメジャー2ndアルバム『WORLD DOMINATION』がゴリゴリのロックだったから、ひとつやりきったという気持ちがあったのかなと思ったんですけど、それとも違いますか?

KANAMI:前回のアルバムで世界観がだいぶ完成してきたなとは思ったので、もっと広げるために作ったのが今回の「start over」ですね。耳に残りやすく口ずさみやすいメロディで、よりキャッチーなコード進行を意識しました。小鳩から「この部分はこういうメロディがいいんじゃない?」ってアイディアをもらったりとか、初めての試みがいろいろあって。

──鍵盤がフィーチャーされていること、ギターが控えめなのが今までと大きく違いますよね。



小鳩:ギターソロに関しては「今回はなし!」ってさいちゃんが。

KANAMI:ピアノもさいちゃんのアイディアなんですけど、ギターソロが入るのはBAND-MAIDの定番だったのでビックリでした。

彩姫:デモを聴いてピアノ始まりがいいと思ったのと、「ギターソロはなしでーす」って伝えました(笑)。

KANAMI:カットしたら、よりシンプルになりましたね。

小鳩:どんどん削っていったんだっぽね?

KANAMI:そうなんです。楽器も音数も減らして、よりメロディが浮き立つように作っていきました。レコーディングの時に「アコギ入れたいかも」と思って入れてみたんですけど、結果、より耳障りがいい感じになったなと。あーちゃん(AKANE)が最近、ドラムの打ち込みができるようになったので「ギターのコードとメロディ送るから、打ち込みで作ってもらえる?」ってお願いしたのも今までと違う部分です。

AKANE:今までは、スタジオで実際に叩いて動画を撮ったり録音をしたりしてフレーズを送っていたんです。データのやりとりになったので効率が上がりましたね。

MISA:ベースは話し合ったことを踏まえて、シンプルに。いつもはゴリゴリした音で速いフレーズを弾いているんですけど、今回はシンプルで滑らかなベースラインを考えました。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報