ドン・レッツ、貴重なトーク・セッションが「DOMMUNE/vimeo」で期間限定アーカイヴ公開

twitterツイート

2018年6月、東京で2夜に渡って開催され、DOMMUNEで連続配信された貴重なドン・レッツのトーク・セッションが「DOMMUNE/vimeo」で一ヶ月(7/4水〜8/4土)のみ期間限定アーカイヴ公開が決定した。

UKで起きたパンクムーヴメントの拠点となる“ROXY CLUB”でDJをしていたドン・レッツは、パンクとレゲエを繋いだ張本人であり、ザ・クラッシュのミック・ジョーンズとの伝説的グループ“BIG AUDIO DYNAMITE”での活動も知られる人物だ。

現在はBBC RADIO 6でレギュラー番組を持ち、広く音楽シーンに貢献、また映画監督として79年に初のパンク・ドキュメンタリー映画『PUNK ROCK MOVIE』を制作、2003年にはザ・クラッシュのドキュメンタリー『WESTWAY TO THE WORLD』でグラミー賞を受賞、その後も数々の音楽ドキュメンタリーや映画『ONE LOVE』を制作しており、現在の音楽シーンに多大な影響を及ぼしてきたと言っても過言ではない。

そんなドン・レッツがこの6月、ジャパンツアーを行った際に登場したのが、<DBS Presents「DON LETTS TALK SESSION Part.1」>、<DON LETTS x DOMMUNE x FRED PERRY「DON LETTS TALK SESSION Part.2」>の2番組。彼の貴重なトークはもちろん、が激動の70年代撮りためた映像を編集した最新フィルム『Two Sevens Clash』、自身が撮りためた70年代のUK レゲエ、パンクシーンの貴重な映像(日本未公開)。また人種問題がはびこる70年代のノッティング・ヒル ・カーニヴァルの緊張感ある映像やボブ・マーリー、LKJ、ビッグ・ユースからセックス・ピストルズ、ザ・クラッシュ、ROXY CLUBの生々しい映像など、お宝シーンが満載となっている。


DBS Presents「DON LETTS TALK SESSION Part.1」

出演:Don Letts 、野田 努(ele-king) 声の出演:宇川直宏 通訳:原口 美穂
●Part.1はDOMMUNEスタジオからのウェルカムプログラム。ブリティッュ・ボーン・ブラックの第1世代として英国に生まれ、自らのアイディンティを誇示しながら、ロンドンパンクシーン隆盛期を経て、いかにパンクとレゲエを接続していったのか?!ボブ・マーリィ、ジョー・ストラマー、ジョン・ライドンらの交流裏話など、その立役者であるドン・レッツが赤裸々に語る!!!
【DOMMUNE ARCHIVES 2018/06/14】
https://vimeo.com/277772796/b94435ff1d

DON LETTS x DOMMUNE x FRED PERRY「DON LETTS TALK SESSION Part.2」

出演:Don Letts 、野田 努(ele-king)、オカモトレイジ(OKAMOTO’S) 声の出演:宇川直宏 通訳:原口 美穂
●Part.2はフレッドペリーショップ東京からのスペシャルプログラム。ドン・レッツの最新フィルム”Two Sevens Clash”を上映。セックスピストルズ解散後のジョニー・ロットンがPILを結成し、ジョンライドンへと進化する運命的パラダイムシフトを歴史証人であるドン・レッツが様々な”パンク格言"とともに語り尽くす!80’s NWシーン黎明期のスリッツ、ポップグループ、そしてPIL!激動の70年代パンクとレゲエが交差するUKサブカルチャーの生々しい映像が大反響を呼んだ!!!
【DOMMUNE ARCHIVES 2018/06/17】 
https://vimeo.com/277778784/2762da3022

◆ドン・レッツ オフィシャルサイト
◆トータルインフォ(DBS)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報