【対談】感覚ピエロ×グッドモーニングアメリカ、「メンバーを好きで居続けることが大事」

twitterツイート

感覚ピエロが3月から<47都道府県ツアー「KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!~チェンジだなんて言わせない~」>を開催中だ。名古屋、東京でのワンマンライブを皮切りに、全国各地でワンマン&ツーマンライブを繰り広げ、7月28日に彼らの地元・大阪なんばHatchでファイナルを迎える。

◆感覚ピエロ × グッドモーニングアメリカ 画像

BARKSでは、同ツアーのツーマン公演の中から毎月ひと組をピックアップ。対バン相手とのトークセッションとライブレポートをお届けする。その第3回はツアー33本目、福井CHOPで共演を果たしたグッドモーニングアメリカ。意外にもほとんど面識がなかったという2組に、ライブ前の楽屋で対談取材を行なった。

   ◆   ◆   ◆

■“気持ちいいな”って感じなんですよ
■“先輩それわかります!”っていう

──意外なんですけど、ほとんど面識はなかったと聞いてます。

金廣真悟 (Vo / G):そう、このあいだ<JAPAN JAM 2018>の時にあいさつをしてくださって。

渡邊幸一 (G):あ、そうなんだ!? いなくて、すみません。

──感覚ピエロは、どうしてグッドモーニングアメリカ(以下、グドモ)と対バンしたいと思ったんですか?

秋月 (G):もともと僕はライブハウスでブッキングをしてたんですよ。

ペギ(Dr):どこで?

秋月:大阪の北堀江club vijonっていうところです。あそこで、よく企画もされてたじゃないですか。だから、このバンドをやる前から一方的に知っていたんです。で、バンドを始めてからは、あんまりツーマンでツアーを廻るってなかったので、今回の<47都道府県ツアー>では、先輩から後輩まで、幅広く「はじめまして」の人ともガンガンつながりたいなと思ってて。ほぼ面識はないですけど、勝手に声をかけさせてもらいまいた。

金廣:ありがたい。

▲横山直弘(Vo&G)/感覚ピエロ

秋月:最初は、出てくれるとは思わなかったです。

金廣:どちらかと言うと、僕らは下の世代のバンドとも交流があるほうだとは思うんですけど、面識のないバンドに誘ってもらうのは嬉しいですね。自分たちもそういうことをやるから、勇気が要るのも知ってるし。その壁を破ろうとしてくれてるから、「出よう」っていうのは即答でした。

横山直弘(Vo / G):嬉しい…。

西尾健太(Dr):超嬉しいですね。

▲秋月琢登(G)/感覚ピエロ

──個人的には、ちょっとタイプの違う2組だと思っているんですけど。

横山:え、本当ですか? いまリハを見させてもらったんですけど、メロディのなかに入れてくるファルセットの使い方とか、美味しいリフを持ってくるところとか、“あ、こうきてくれて、気持ちいいな”って感じなんですよ。“わかる! 先輩それわかります!”っていう。

金廣:あはは、すげぇ下からきたな(笑)。

秋月:シンパシー的なところよね?

横山:表現したいものに近しいものがあるんじゃないかなと思ってます。

金廣:逆に、どのあたりでタイプが違うと思います?

──キャラクターが違うなって思うんです。グドモは、「コピペ」みたいな曲もあるけど、やっぱり「言葉にならない」とか「未来へのスパイラル」みたいな、等身大の歌を愚直に届けるバンドというか。で、感覚ピエロはもう少しロックバンドの悪そうな匂いもする。

▲滝口大樹(B)/感覚ピエロ

秋月:ああ、なるほどね。でも、本当は俺らもシャイボーイなんですけどね。けっこう悪そうとは言われるけど(笑)。言うたら、たなしんさんには近い匂いを感じるんですよ。

たなしん(B):悪いよ~、真っ黒だから(全員笑)。

──たなしんさんって、スパッツにサングラスをかけた衣装とか、見た目にもインパクトがありますけど。その強烈なキャラクターって、どういうふうに誕生したんですか?

たなしん:これは話すと長くなるから……幸一、簡単に話して。

秋月:自分で話さないんですか(笑)。

渡邊:まだ活動し始めたばっかりのときに、なかなか振り向いてもらえないことが多かったんですよ。それで悩んで、お客さんの心をこじ開けるフックが必要なんじゃないかと。いろいろ試行錯誤してたら……こうなってました(笑)。フロアの後ろから登場したり、サングラスをかけた奇抜なカッコウをすることで、「あいつなんだ?」って振り向かせてから、いい音楽を届けよう、みたいな。バンドの窓口なんですよね。

▲西尾健太(Dr)/感覚ピエロ

──結果的に、それで振り向いてもらえるようになりました?

金廣:とっつきやすいキャラがいてくれることでバンドが身近になったと思いますね。

秋月:あのキャラ立ちはエグいですよね。僕、ふだんはライブでもボーカルを見ちゃうんですけど、グドモさんの場合、どうしてもベースを見ちゃうんですよ。気になる。

金廣:バラードのときだけ、そうならなければいいなと思いますけどね(笑)。

たなしん:(静かにうなずく)。

──逆に、リスナーに振り向いてもらうために、感覚ピエロが試行錯誤したことはあります?

秋月:僕らは、結成して最初に「メリーさん」っていう曲を出して、次に「O・P・P・A・I」っていう曲を書いたんです。キャラではないですけど、それがフックになったと思います。“おっぱい”って歌っちゃうことで、何を歌ってもオッケーになるじゃないですか。もともとストレートなロックを軸にやってるけど、そこにエロティックでおバカなところが加わって、二面性を出せるようになったんです。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報