エルヴィス・コステロ、癌の手術によりツアーをキャンセル

twitterツイート

エルヴィス・コステロが、数ヵ月前に悪性腫瘍を取り除く手術を受けていたことを明かし、ヨーロッパ・ツアーの残りの公演をキャンセルすると発表した。

◆エルヴィス・コステロ画像

手術は上手く行き、コステロは6月15日に予定通りツアーを開始したものの、ライブ・パフォーマンスや移動を続けてみて、体力が完全に回復するには自身が望んでいた以上に時間がかかると実感。まだ休養が必要で、不本意ながら、残りの公演は中止せざるを得ないと決断したという。

すでに6月27日英国サウスエンド、28日プリマスでの公演をキャンセルしていたが、それに加え7月6~16日に英国マンチェスター、クロアチア、オーストリア、ノルウェー、スウェーデンで開催予定だった6公演を中止した。

コステロはチケット購入者に謝罪するとともに、ジ・インポスターズのメンバーの友情や支援を感謝。また、「愛する人たちを大切に。でも、紳士諸君、友達と話そう。自分が1人ではないのがわかる。疑いを持ったり適切なときが来たら、医者の助言を求め、速やかに行動しよう。それが君の命を救うかもしれない。僕を信じて、ルーレットをプレイするよりいいよ」とのアドバイスを送った。

コステロは、ジ・インポスターズや友人達と「本当に誇りに思う素晴らしいニュー・アルバムを作った」そうで、10月にリリースする予定だという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報