【ライブレポート】uijin×我儘ラキア、互いに自らの葛藤と決意を語ったエモーショナルな夜

twitterツイート

uijinと我儘ラキアが、2018年7月4日(水)に渋谷eggmanにて2マンライブを開催した。

◆uijin×我儘ラキア 2マンライブ画像

uijinと我儘ラキア、活動拠点は前者が東京(neo tokyo)、後者が大阪と分かれるが、ともに2016年結成の4人組アイドルグループ。ラウド系をベースに、ヒップホップ、エレクトロニカ、EDMなどの音楽要素を絶妙なバランスで取り入れた楽曲やアグレッシブなライブパフォーマンスなど、グループとして近しい匂いを放ち、これまでも数々のイベントで競演を果たしている。そして、この日の会場となった渋谷eggmanは、uijinにとってはお披露目ライブの地であり、1年前に2度目のワンマンライブを行なった会場。一方、我儘ラキアにとっても、東京初ワンマンライブの場所となる。

uijinと我儘ラキア双方にとって大切な場所であるeggmanで実現した2マンライブ。お互いを盟友でありライバルとして認め合う2グループが、どのようなパフォーマンスをくり広げるのか。ファンの期待が高まる中、ステージの幕は開いた。


最初にステージに登場したのは、我儘ラキア。「SE-Declaration of war」が会場に鳴り響くと、観客はビートに合わせた拍手とジャンプでメンバーを出迎える。1曲目は「There is surely tomorrow」。冒頭から星熊南巫が「もっと来いよ!」と煽ると、オーディエンスは拳を突き上げ、サビでは大合唱が起きる。激しいラップや4人のユニゾンによる力強い歌声に、思わず心が躍らされた。続く、「Reboot with...「   」」「Precious Time」でも、4人はアクセルを緩めることなく、攻撃的なバンドサウンドに乗せて、ダイナミックなパフォーマンスを魅せる。4人が代わる代わるステージの最前に立って、ファンを煽る姿はまるでロックバンドのフロントマンのようだ。彼女たちが、時折バンドセットでライブを行っていることもうなずける。

4つ打ち系ビートが楽曲を引っ張る「The Reason」では、躍動感のあるダンスと伸びやかなボーカルを披露。爽快感のあるサウンドと観客からの熱いレスポンスに呼応するように、輝くような笑顔を見せていた海羽凜、川﨑怜奈、相谷麗菜の姿が印象的だった。5曲目の「ゼッタイカクメイ」は疾走感のあるビートに乗りながら、星熊が「もっと声を出せ!」とオーディエンスを激しく扇動する。フロアにはモッシュが発生し、会場の熱気はグンと高まった。

ポップなエレクトロ系ナンバー「Sing with you」では、お互いの肩を組みながらジャンプをする観客のサークルができあがり、メンバーとオーディエンスが一体となって、幸福感に満ちた空間を作り上げる。7曲目の「I’ll never forget「   」」は高揚感のあるビートとキャッチーなメロディを聴かせるナンバー。このように多彩なサウンドを放つことも我儘ラキアの魅力の1つであり、彼女たちの音楽性の高さを証明するものだ。

我儘ラキアのステージはクライマックスに向けて、さらに加速していく。「My life is only once」では、攻撃的なバンドサウンドに合わせてメンバーのパフォーマンスも躍動感を増す。イントロと途中に、星熊が「変われない自分のことを情けないと思うけど、今日ここから変えていきたいんだよ!」「迷っている自分がこうやってみんなの前で歌っている。でも、こんなちっぽけな自分が歌っていることから、勇気をもらってください!」と思いの丈を語ると、フロアからは大きな歓声が巻き起こった。

鋭いラップと感情を込めた歌声が胸に刺さる「Trash?」を経て、ラストに披露されたのは高速ビートが轟く「Days」。星熊が自らの迷いを赤裸々に語ったあとに届けられた、この曲の“くじけそうに なりながらも 守り抜いた ステージ(ここ)で今日も歌う”“声が届きますように あなたの胸に響きますように 僕らが 過ごしてきた日々は 間違いじゃなかった”という歌詞は、胸にグッと迫るものがあった。この日、MCを挟まず40分間ノンストップでステージを駆け抜けた我儘ラキア。葛藤を抱えながらも、堂々としたパフォーマンスをくり広げた4人は凛々しさと美しさを放ちながら、輝くステージをあとにした。




twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報