ジェフ・ピルソン「ドッケンの再結成、想像していた以上に素晴らしかった」

twitterツイート

ジェフ・ピルソン(B)が、2016年に実現したクラシック・ラインナップでのドッケンの再結成を振り返った。公演前は、多少緊張感があり、どうなるかわからなかったが、やってみたら思っていた以上に素晴らしかったという。

◆ドッケン画像

ピルソンは『Music Mania』ポッドキャストでこう話した。「僕らの間には最初、ちょっと緊張感があったと思うよ。どんなものになるか、わからなかった。でも、交渉事から離れ、集まってプレイし始めたら、実のところ本当に素晴らしかったんだ。スゴイ体験だった。僕ら、つかの間、友人みたいになったよ。それって、ホントにクールだ。僕はジョージ(・リンチ)とはいろんなことやってて、よく会ってるけどね、あれは本当にクールだった」

「それに新曲もやり、素晴らしいものが出来上がった。昔の曲をアコースティックでやったのもね。だから、本当にポジティブな体験だったよ。ツアーはすごく楽しかった。レコーディングも楽しかった。僕らが想像していた以上にポジティブな体験だった。僕はこのアルバム(『Return To The East Live (2016)』)を誇りに思っているよ。これを経験したのはかなり特別なことだった」

そして、「もしかしたら、またどこかであるかもしれない。ただ、全員のスケジュールを調整するのは大変なんだ」と付け加えた。

ドッケンは2016年、ドン・ドッケン、ジョージ・リンチ、ジェフ・ピルソン、ワイルド・ミック・ブラウンのクラシック・ラインナップで再結成し、日本で公演(およびアメリカでウォーミング・アップ・ギグ)を開いた。そのライブ・アルバム/DVDが、『Return To The East Live 2016』として今年4月にリリースされた。そこには、このラインナップで20年ぶりに制作した新曲「It’s Just Another Day」も収録されている。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報