ミッキー・ディー加入のスコーピオンズの公演にフィル・キャンベルがゲスト出演

twitterツイート

土曜日(7月7日)、スペイン・バルセロナで開かれたフェスティバル<Rock Fest>でスコーピオンズのパフォーマンスに、元モーターヘッドのギタリスト、フィル・キャンベルがゲスト出演した。

◆スコーピオンズ&フィル・キャンベル動画

スコーピオンズには2016年秋にミッキー・ディー(Ds)が加入しており、ある種、モーターヘッド再結成の趣となり、レミーを追悼し、「Overkill」がパフォーマンスされた。

フロントマンのクラウス・マイネは曲をプレイする前、「俺らは何度もステージをシェアしてきた。何て言ったらいいんだ。親愛なる友人、レミーを追悼するときだ」と話した後、ディーへ向け「カモン、ミッキー、君が持っているもの全てを出し切ってくれ」と声をかけたという。ステージ後ろのスクリーンにはレミーの写真が映し出された。


モーターヘッドは、2015年12月にレミーが亡くなり、活動を中止。ディーはスコーピオンズに加入し、キャンベルは息子たちとフィル・キャンベル&ザ・バスタード・サンズを結成し、今年1月デビュー・アルバム『Age Of Absurdity』をリリースした。フィル・キャンベル&ザ・バスタード・サンズもこの日、<Rock Fest>に出演していた。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報