UKチャート、イングランド・チーム快進撃で1996年のアンセムがNo.1の見込み

twitterツイート

ロシアで開催中のワールドカップで28年ぶりに4強入りしたイングランド・チームの快進撃を受け、1996年にリリースされたライトニング・シーズのイアン・ブロウディー+コメディアンのDavid Baddiel&Frank Skinnerが制作したサッカー応援歌「Three Lions」が今週末発表されるチャートで再び1位を獲得するようだ。

◆「Three Lions」、ジョージ・エズラ動画

「Three Lions」はもともと、ヨーロッパ各国の代表が競うサッカー・トーナメント<UEFA EURO‘96>のために作られ、1996年夏に1位を獲得。以降、イングランド・チームのアンセムとなり、1998年にワールドカップ・フランス大会が開催されたときにはニュー・ヴァージョン『Lions ‘98』がリリースされ、これも1位に輝いた。

「Three Lions」は先週、42位から24位へ急上昇。4強入りが決まり、重要な次回の試合を前に同曲のダウンロード/ストリーミング数はさらに増し、全英チャートを集計するOfficial Charts Companyによると、現時点で1位につけているという。



先週末発表された最新の全英シングル・チャートで1位を獲得したジョージ・エズラは、「ラブリーな人達、「Shotgun」を2週連続で1位にしてくれてありがとう。もちろん、これは素晴らしいことだけど…、Three Lionsに1位を奪われるときだと思う」と、「Three Lions」とイングランド・チームを応援するコメントを出している。

歌詞にある「Football Coming Home」は現在、英国で繰り返し叫ばれている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報