吉田拓郎、4年ぶりのリリース。自らが就寝前に聴いているリアルなプレイリストをCDに

twitterツイート

吉田拓郎が4年ぶりとなるCD作品『From T』を8月29日にリリースする。

本作はレーベルの枠を越え、ソニーミュージック、フォーライフミュージックエンタテイメント、インペリアルレコード、エイベックスの各社協力のもと、4社音源が同一収録された 初のセレクト・アルバムで、吉田拓郎が日常就寝前に聴いているというリアルな自らのプレイリスト27曲からなる「思い入れのある作品」「もう一度聴いて欲しい歌」など、 吉田拓郎が愛した曲を収録。さらに吉田拓郎が今作のために書き下ろした全曲の楽曲解説(ライナーノーツ)も付属する。

今回、特別付録「Tからの贈り物」として収録された未発表のデモテープ音源は、1990年代に逗子で楽曲制作の為に使用していた一室で録音された、貴重な既発作品14曲に未発売作品1曲を加えた全15曲となっており、こちらのデモ楽曲にも吉田拓郎本人が全曲ライナーノーツを書き下ろしている。

今作は企画意図により、発売日まで収録曲は未公開というコンセプトであったが、7月8日に放送された自身のレギュラーラジオ番組、ニッポン放送『吉田拓郎ラジオでナイト』にて本人の口から、「春だったね」が収録されることだけ発表されている。それ以外の収録楽曲は、発売日まで楽しみに待っていてほしい。

『From T』

2018年8月29日発売
CD3枚組 商品番号→AVCD-93977~9
4,860円(税込)

◆吉田拓郎 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報