ジャネット・ジャクソン、オーディエンスを前に父を追悼

twitterツイート

6月27日に父ジョー(ジョセフ)・ジャクソンを亡くしたジャネット・ジャクソンが、日曜日(7月8日)米ニューオーリンズで開かれた<Essence Music Festival>でパフォーマンス中、マネージャーでもあった父を追悼した。

◆ジョー&ジャネット・ジャクソン画像

父の死後初めてステージに立ったジャネットは、オーディエンスを前に、声を震わせながらこう話した。「とても辛かったわ……。どうしたらいいか、わからなかった。どう前へ進んだらいいか、わからなかった。このフェスティバルやツアー全てをキャンセルすべきかと(思った)」

子供たちを成功に導いた敏腕マネージャーだった一方、厳しすぎる面が非難されることもあったジャクソンだが、ジャネットは「彼はとても強い人だった。彼の意欲、強さがなかったら、私たちはこの成功を手にしていなかったでしょう。私たちはインディアナ出身の黒人の一家。そして世界のあらゆる記録を破った。それが事実よ」と、父を称えた。

父なら「始めたことは終わらせなさい」と言うだろうと考え、ツアーを予定通り続行することにしたという。

ジャネットは、父の死から一週間後、インスタグラムにビデオ・メッセージを投稿し、「愛とサポートをありがとう。この時期、私にとってすごく意味がある」と、ファンに感謝していた。





ジャネットの北米ツアーは、このフェスティバルを皮切りに8月12日まで開催される。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報