【対談】フルカワユタカ×原昌和(the band apart)、「もっとキュンキュンさせてほしい」

twitterツイート

フルカワユタカが6月6日、2ndシングル「ドナルドとウォルター」をリリースした。TGMX(FRONTIER BACKYARD)のプロデューサー起用や多くのゲストミュージシャンの参加が話題となった3rdアルバム『Yesterday Today Tomorrow』、数々の盟友との共演が感動を呼んだフルカワユタカ主宰<5×20>の流れを引き継いだカタチとも言える同曲は、フルカワ自身が“天才”と形容するthe band apartのベーシスト原昌和との夢の共作が実現したものでもある。

◆フルカワユタカ×原昌和 画像

両氏の馴れ初めや、その当時からの関係性は以前公開した“【連載特別編】フルカワユタカと原昌和はこう語った -net radio vol.1-”のとおり。一定の距離感を計りながらも互いに音楽的才能を認め合うスタンスは、その後の“【連載】フルカワユタカはこう語った 第23回『また、リリースにいたる』”でも語られているので、ぜひともご覧(ご視聴)いただきたい。

ここに掲載するフルカワユタカと原昌和との対談は同作リリース後の某日行われたものだ。止まるところを知らない2人の音楽談義は、ミュージシャンとしての自己分析、メロディやアレンジに対する論理的なこだわり、レコーディング論など、コアな部分が明かされつつ、そのどれもが両氏の人柄を映し出す深いものとなった。

   ◆   ◆   ◆

■20年、キャバ嬢やってるようなもんで──原昌和
■憧れますよ。僕はこうなりたい──フルカワユタカ

──まずお2人の共作は「SEE YOU」(※2002年発表/ライヴハウス会場配布シングル)以来になりますが、当時を振り返っていかがですか?

原:フルカワには当時、“ライヴはショウ”という意識があったんじゃない?

フルカワ:当時はね、そうかも。

原:こいつにはそれがあったんだと思う。俺らは暴走族というか。

フルカワ:バンドが暴走族? どういうこと?

原:いいライヴすればぶん殴れるかなって。

フルカワ:怖いよ! 何を言ってんの?

▲フルカワユタカ

──バンアパは昔から自由なスタンスでしたよね。

原:そう、縦も横にもつながりがなかったから。

──某イベントでインスト1曲だけやって、ステージから立ち去ったこともありました。

原:当時の担当が“反骨”だったから、そのプランに合わせた感じですね。懐かしい、そんなこともありましたね。

フルカワ:もうドーパンとは一緒にやってない頃のイベントかな。ライヴイベント<mellow fellow>(※2002年開催/DOPING PANDAとthe band apartの共同イベント)以降は一緒にやってないからね。

──それでは本題に入りたいんですが、「ドナルドとウォルター」はお2人の融合ぶりが如実に表れた本当にいい曲ですね。反響は既に届いてます?

フルカワ:評判はすごくいいですよ。ただ、ライヴでまだ一回しかやってないですからね。……こんなこと言うとあれだけど、マーちゃん(原)が横にいて、曲を誉めるのは難しい(笑)。

原:いやいや。俺はほんとに補佐だったよ。今回は弾き語りのバンドアレンジを担当させてもらった感覚ですね。

フルカワ:そんなことないよ。俺はだいぶ身を委ねたし、みんな曲を聴いて「バンアパっぽい」と言うけどね。

原:あっ、そう?

フルカワ:バンアパに僕の声が乗ってるから、「聴きたかったものが聴けた」みたいな感想を言われる。実際、僕もアレンジやコードワークはほぼ委ねましたからね。メロディは僕が提供して、それをもとに一緒にスタジオで作ったという感じ。

原:「3曲ぐらいあげてきたから、そこから選んでいいよ」って言われて。普通はそんなに作れないよね。

フルカワ:はははは。期間も短かったので、“1週間に1曲”を自分に課しました。

▲2ndシングル「ドナルドとウォルター」

原:すごいと思うよ。こいつはバンドをやめて、ソロになっても音楽業界で生き残っている。バイタリティがあるんだろうな。自分はこんなところで生きていけないと思うことも多いし、自分にないところをこいつは持っている。俺なんか頑張らないもん。おまえはアベレージを保ちながら頑張ってるから。

フルカワ:そう思いながらやってるわけじゃないよ。

原:そうだろうけど、俺は職業でやってなかったということが、歳を取るほどわかるのよ。趣味の絵描きみたいなものだから。

フルカワ:芸術家ってそんなものじゃない?

原:ほんとの芸術家は収入と結びつけない。それを結びつけること自体、クリエイティヴじゃないから。

フルカワ:ああ、なるほどね。

──とはいえ、バンアパも2018年に結成20周年を迎えたわけで。

原:そうですね。なんとか続きましたけど、20年、キャバ嬢やってるようなもんで。

フルカワ:ははは。どういう意味だよ(笑)。いや、でも憧れますよ。僕はこうなりたいと思います、なれないけど。このナチュラルボーンな感じというか。

原:俺はめちゃくちゃ分けて考えるからね。おまえのほうが自然体なんじゃない?

フルカワ:それはちょっとだけ思うことはある。マーちゃんのことをナチュラルボーンと言ったけど、この人は無理してこういう風にしているのかなって。まあ、わかんないけど(笑)。

原:いや、それはあると思う。本当の自分なんて本当に好きな人にしか見せないじゃん。そういう感覚だよ。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報