ビヨンセ、コーチェラ・フェスティバルで着たスウェットシャツを限定販売

twitterツイート

ビヨンセが4月、アメリカのフェスティバル<Coachella Valley Music And Arts Festival>でヘッドライン・パフォーマンスをした際着用したスウェットシャツと同じものが、この夏、限定販売されることになった。

◆バルマン×ビヨンセ 画像

ピンクとイエローのスウェットシャツに加え、新しく制作された黒いTシャツの3種類が、7月13日、パリにあるBalmain(バルマン)のフラグシップ・ストアでお披露目/販売されるのに続き、翌日(14日)ビヨンセ(Beyonce.com)およびBalmain(Balmain.com)のサイトで世界的に売りに出されるという。収益は、黒人の大学生たちを支援するUnited Negro College Fundへ寄付される。ビヨンセは<Coachella>に出演後、同基金へ10万ドル(約1,100万円)を寄付していた。

デザイナーのオリヴィエ・ ルスタンは「僕が高く評価している人とこれだけ親密にコラボレーションする機会はそうあることじゃない」とつぶやき、ビヨンセとのミーティングの写真を投稿している。

ビヨンセの<Coachella>でのパフォーマンスは絶賛され、“Beychella”と呼ばれるにいたった。


ビヨンセ関連ニュースとして、彼女の母ティナさんは今週初め、船上で踊りまくる動画をインスタグラムに投稿。ビヨンセ&ジェイ・Zの長女、彼女の孫ブルー・アイヴィちゃんとダンス・コンテストをして、ブルーちゃんに完敗したときのものだという。残念ながら、ブルーちゃんのダンスは投稿されなかったが、彼女はしっかり者の上、ダンスも得意らしい。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報