西部警察のSUPER Zが、走るレコードプレーヤーに

twitterツイート


株式会社日本経済新聞社が運営するクラウドファンディングサイト“未来ショッピング”にて、新商品“西部警察レコードランナーSUPER Z with 2LP”の発表と、同商品の予約受付が開始された。

◆西部警察レコードランナーSUPER Z with 2LP 画像

刑事ドラマの金字塔『西部警察』が2019年に放送40周年を迎えることを記念するとともに、「もう一度あの興奮を」という情熱のもと、この「走るレコードプレーヤー+復刻LP盤」というユニークな新商品は開発されたという。商品のポイントは、劇中に登場する名車“SUPER Z(スーパーゼット)”をモチーフにした“走るレコードプレーヤー”にある。

35年以上前、“サウンドワゴン”という手のひらサイズ・車型のレコードプレーヤーが登場し、レコードが回るのではなく、プレーヤー自身がレコード上を回るという仕組みであった。ユニークな機構が話題となったそのプレーヤーが時を超え復活し(「レコードランナー(R)」(有)stokyoより発売中)、サウンド&操作性が大幅に改良されたその機構をSUPER Zに搭載したのである。さらに、シリーズ初となる「Bluetooth(R)」出力機能を搭載し、市販のBluetoothスピーカーに接続すれば迫力のサウンドも楽しむことができる。お手軽な本体再生、迫力のスピーカー再生、2通りで楽しめる文字通りの“スーパーマシン”とも言えそうだ。



セットとなるのは、重量盤&ピクチャー盤の特別仕様にて復刻したアナログレコード『西部警察PART-Ⅱ サウンド・トラック盤』である。このレコードをSUPER Zで再生すれば、言うまでもなく西部警察ワールド全開。尚、「未来ショッピング」にて1,000セット限定の発売(※以降の量産未定)となるため、気になった方はお見逃しなく。





『西部警察レコードランナーSUPER Z with 2LP』

内容:レコードランナー「SUPER Z」1台 + 復刻LP盤2枚組(重量盤1枚&ピクチャー盤1枚)
価格:32,400円(税込、送料込)
発売日:2018年7月13日~下記サイトにて予約受付開始~定数に達し次第終了(9月末日発送予定)
販売:日経新聞クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」 https://shopping.nikkei.co.jp/
商品ページ:https://shopping.nikkei.co.jp/projects/superz

レコード収録曲:(※重量盤、ピクチャー盤ともに同一内容)
<A面>
1.西部警察PART-Ⅱテーマ・TVサイズ ワンダフル・ガイズ
2.西部警察PART-Ⅱテーマ・フルサイズ ワンダフル・ガイズ
3.気分は最高
4.デンジャラス・チェイス
5.ハッピー・ボーイ
6.トワイライト・ストリート
7.ロンリー・ポリスマン
8.ジャングル・ヒーロー

<B面>
1.パトカー・コンボイ
2.ダーティー・ヒーロー
3.スーパー・チェイサー
4.哀愁のエアポート
5.サラブレッド
6.友情
7.軍団マーチ
8.サンセット・ハーバー

※本製品は(株)石原プロモーション、日産自動車(株)の公式ライセンス商品です。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報