【インタビュー】TETSUYA (L’Arc-en-Ciel)、1st EP完成「常に攻めの姿勢で音楽を作る」

twitterツイート

TETSUYA (L’Arc-en-Ciel)が7月18日、前シングル「愛されんだぁ I Surrender」から約1年ぶりの新譜となる1st EP『I WANNA BE WITH YOU』をリリースした。

◆TETSUYA (L'Arc-en-Ciel) 画像

EP『I WANNA BE WITH YOU』は“夏”をコンセプトに掲げた作品だ。表題曲「I WANNA BE WITH YOU」や『新幹線変形ロボ シンカリオン』エンディング主題歌「READY FOR WARP」、「FATE」「Eureka」といった新曲4曲に加え、ボーナストラックとしてソロデビュー曲「wonderful world」(2001年発表)のアコースティックバージョンを収録した全5曲は壮快にして表情豊か。抜群のメロディーセンスを誇る王道キラーチューンを基調に、進化を遂げたサウンドプロダクトがTETSUYAの新たな魅力を物語る仕上がりだ。

また、リリースに先駆けて公開された「I WANNA BE WITH YOU」「READY FOR WARP」のMusic Clipは、2曲が同一シチュエーションおよび同一カット割りで制作された“2つの世界を行き来するパラレルワールド”が描かれた映像が話題だ。さて、BARKSでは先ごろ、オフィシャルインタビューを公開したばかりだが、ぜひともこのインタビューと併せてお読みいただきたい。両インタビューの受け答えにも、平行宇宙を連想させるTETSUYAの遊び心が凝縮されている。ファンタジーとリアルを行き交う爆笑必至のロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■名前に“TETSU”とついているくらいで
■“撮り鉄”なんですよ(笑)

──『I WANNA BE WITH YOU』は、キャリア初となる5曲入りEPです。まずは、EPを作ることにした理由などを話していただけますか。

TETSUYA:僕が子供の頃に観た映画『E.T.』が忘れられないからです。ラストシーンでETが、「I’ll be right here=いつもそばにいるよ」と言うじゃないですか。特にあのシーンに感動したんです。それでEPを作ることにしました。

──えっ!? それがEPにした理由ですか?

TETSUYA:はい(笑)。『E.T.』といえば、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)には『E.T.アドベンチャー』がありましたよね、たしか最後に名前を呼んでもらえるアトラクションで。大阪にUSJが出来たのは2001年だったと思うんですけど、僕は1999年とか2000年にロスのユニバーサルスタジオに行ったのが初めてで、そこでクイーンのブライアン メイ(G)が普通に歩いていたのを観たんですよ、しかも1人で。周りは誰も騒いでいなかったけど、あれは絶対に本物だった。そんなふうに『E.T.』にまつわる思い出がいっぱいあるので、今回EPを作ることにしました(笑)。

──な、な、な、なるほど。もうひとつ、「I WANNA BE WITH YOU」は“夏がコンセプト”ということも注目です。

TETSUYA:僕ね、作家の銀色夏生先生が好きなんです。それで、夏をテーマにした作品を作ることにしました(笑)。

──…………それだけですか?

TETSUYA:うん、それだけ(笑)。

──シ、シ、シ、シンプルな理由ですね(笑)。では、EPに収録された各曲のお話の前にうかがいますが、作曲をされる方は、コンセプトやお題などがあったほうが作りやすいという方と、自由に作りたいという方にわかれることが多いようです。その辺りはいかがでしょう?

TETSUYA:どっちも楽しめます。僕はストイックなところも、ドMなところもあるので、“テーマはこれ、こういう曲調、締切はいつまで”というような制限がある中で、いかにいいものを作るかにチャレンジすることは好きなんですよ。前回の「愛されんだぁ I Surrender」は、“グラムロック”というテーマを踏まえて曲作りを楽しみましたし。でも、なんの制限もなく自由に作るのも好きです。どっちも好きだし、どっちもできなければいけないと思っています。

──さすがです。では、今回のリード曲「I WANNA BE WITH YOU」はTBS系TVアニメ『新幹線ロボ シンカリオン』のエンディング主題歌ですが、この曲はどんなふうに作られたのでしょう?

TETSUYA:僕は新幹線が好きなんです。名前に“TETSU”とついているくらいで、“撮り鉄”なんですよ(笑)。

──えっ? ええっ? えええっ? 本当ですか!?

TETSUYA:時間があれば電車の写真ばかり撮りに行ってます(笑)。特に新幹線が好きで、ロボットも好き。だから変形ロボット『トランスフォーマー』なんて最高ですよね。“新幹線がロボットに変形したら面白いのにな”と思っていたら、そういうアニメがあったんですよ! それが『シンカリオン』。そのイメージで書いたテーマ曲が「I WANNA BE WITH YOU」です。やっぱり夏といえば、夏休みじゃないですか。「I WANNA BE WITH YOU」は“夏休みに新幹線に乗って旅行しようぜ”という歌です(笑)。

▲初回限定盤A

──は、は、はい? そういう歌詞ではないような気が(笑)。ともあれ、「I WANNA BE WITH YOU」が『新幹線ロボ シンカリオン』エンディング主題歌に起用されます。

TETSUYA:夢って叶うんですね(笑)。でも、もう数年早く思いついていればなぁと思いましたよ。だって『シンカリオン』より先に僕がそのアイディアを持っていれば、原作者になれたかもしれないじゃないですか、惜しかったな。そういえば知っています? 『踏切戦士 シャダーン』。大好きだったんです。新幹線がロボットに変形するという僕のアイディアは『シャダーン』からの発想なんですよ。でも、新幹線は基本的に踏切がないから、『シャダーン』と絡められなかった。それが僕の中では心残りなんです(笑)。

──えーっと、えーっと、えーっと。「I WANNA BE WITH YOU」は『シンカリオン』をイメージしつつ、メロディーから作られたのでしょうか?

TETSUYA:メロディーをもとにして原形を作り、アレンジャーの陶山(隼)さんとのデータのキャッチボールを経て、2人でスタジオに入ってアレンジを完成させます。その後に本番レコーディングで生の楽器に差し替えていくという流れです。

──煌びやかな夏が浮かんでくる曲に仕上がっています。「I WANNA BE WITH YOU」は歌詞もよくて。

TETSUYA:そうなんですよね、曲のことは褒めていただけるんですけど、歌詞はなかなか。僕としてはね、歌詞もわりとがんばっているんですけどね……。

──「I WANNA BE WITH YOU」は“君と一緒に未来を追いかけていこう”というラブソングとも取れますが、“YOU”は“夢”や“目指す理想”、もしくは“ファンの皆さん”というふうに、いろいろな意味に解釈できるのがいいですね。

TETSUYA:おっしゃるとおりで、いろんな立場の人が感情移入できるように歌詞を作りました。この曲は聴いてくれる人それぞれが、それぞれの思いを重ねて、自分の曲にしてもらえるといいなと思います。

──みなさんの夏の思い出とともに記憶される曲になる予感がします。それに、夏を描いた曲ではありますが“The 夏!”のようなものではなくて、香るようなテイストも心地いいです。

TETSUYA:いや、僕の中では“The 夏!”です、TUBEです。でも、おっしゃることはわかります(笑)。僕は四季の中でどれが好きかと問われたら夏、それも初夏が一番なんですよ。これから始まる夏にワクワクするような。海が好きだし、ハワイも好き、サーフ系のファッションとかインテリアとかも大好きなんです。ただ、日焼けが嫌いなんですよねー(笑)。そこが、TUBEとかサザンオールスターズと違うところなんでしょうね。実際、海には入らないし、サーフィンもしない、日焼けもしない人が(笑)、想像で作る夏の曲。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報