【イベントレポート】<アイドル横丁夏まつり!!~2018~>、灼熱のステージで輝きを放った今注目すべきグループとは?

twitterツイート

<アイドル横丁夏まつり!!~2018~>が、夏のアイドルフェスの先陣を切って2018年7月7日、8日に横浜赤レンガパークで行われた。学校が夏休みに入り、<関ケ原唄姫合戦>などアイドルフェスが既に各地で開かれている中、今夏にぜひとも注目してほしいアイドルを<アイドル横丁夏まつり>のライブレポートをかねてピックアップしよう。

◆<アイドル横丁夏まつり!!~2018~>画像

<TOKYO IDOL FESTIVAL (TIF)>、<@JAM EXPO>と並び、東日本で行われる3大アイドルフェスとして定着した<アイドル横丁夏まつり!!>。ほかの2つのフェス前に開催され、まだあまり動員のないグループや、結成してまもないグループが多く出演することから「横丁夏まつりで見つかった」と、ここを切っ掛けにして口コミでうわさが広がり、その後人気が加速するアイドルも多い。またこのフェスだけで行われるコラボも見所の1つで、今年はEDMアイドルグループとして熱狂的なファンを獲得しながらも、2017年に活動を終えたStereo Japanの「Electron」をカバーしたStereo Yokochoと、今年2月に解散し秀逸なカバーソングと数々の名曲を残し現役アイドルの中にもファンが多い、アイドルネッサンスの「前髪」をカバーしたアイルネ大好き選抜コラボステージが8日に行われた。

AKB48チーム8や、でんぱ組.inc、ラストアイドルファミリーといった知名度の高いグループが例年以上に出演した今年の<アイドル横丁夏まつり>。その中で個人的に一番印象に残ったのは、昨年ここで「見つかった」と言われ、その後ネクストブレイクアイドルとしてステップアップを果たしたTask have Funが、横丁1番地(メインステージ)で行ったライブだった。メンバー3人の成長ぶりが感じられたパフォーマンスの素晴らしさはもちろん、1年経ってメインステージに登場した(しかも両日!)凱旋ストーリーという演出もグッときたのだが、何と言っても一番驚いたのはお客さんの反応。ヘッドライナーのチーム8やでんぱ組に負けないぐらいパンパンに埋め尽くされた観覧エリアのお客さんが、手を頭の上で合わせ前後に振る「3WD」の振りコピーをする光景は圧巻で、Task have Fun推しではないアイドルファンまでもがその振りを踊れているのを見て、「3WD」は今やアイドルファンにとってBiSの「nerve」と同じように共有される曲になっていることを実感させられた。


▲Task have Fun

フェスの楽しみ方は人それぞれ違うと思うが、ステージを流れで楽しむというのもその1つだと思う。7日の横丁2番地でのmonogatari~東京パフォーマンスドール~Party Rockets GTというダンス&ボーカルグループ3組が続くステージでのお客さんの反応も面白かった。TPDのお株を奪うようなノンストップパフォーマンスでTPDやパティロケのファンの心を掴んで大いに盛り上がったmonogatariの熱を引き継ぐように、TPDはダンスのみのナンバー「Neo Elements」からスタートして、タオル回しの夏曲「Are you with me??」まで、6人組になったグループをアピールするような色の違うダンスナンバーを4曲披露。続くParty Rockets GTも昨年12月に新メンバー2名が加入し、新体制5人での夏フェスは初参加ということで、気合が入りまくった激しいステージを展開。中でもアイドル活動経験がなく、昨年までファンとしてアイドルフェスを観に行っていたというSAEの可愛らしい声としっかりとした低音を歌いわける歌力には驚かされた。

▲東京パフォーマンスドール
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報