アーケイド・ファイア、B・スプリングスティーンから助言「いつでもスペインでプレイできるように」

ツイート

カナダ出身だがアメリカでも人気・評価ともに高いアーケイド・ファイアは、ブルース・スプリングスティーンからユニークなアドバイスを貰ったそうだ。キャリアが長くなれば、批判される時期も人気が落ち込むこともある。そのために、スペインをキープしておくよう助言されたという。

◆アーケイド・ファイア画像

アーケイド・ファイアのウィル・バトラー(Key,G)は、『Consequence Of Sound』のインタビュー・シリーズ『Kyle Meredith With…』でこう明かした。「ブルース・スプリングスティーンに一度、こう言われたよ。“スペインでいつでも公演が開けるようにしておいたほうがいい。なぜなら、人々に嫌われる時は来るからね、10年くらいあるかな。(その間)姿をくらまし、君らを愛してくれるスペインでプレイしていればいいんだ。スペインにいれば、美味しいもの食べられるしね。で、10年後、人々は君らは本当に素晴らしいと実感するだろう。そしたらアメリカに戻ればいい”ってね」

アーケイド・ファイアは、セカンド『Neon Bible』(2007年)で世界的にブレイクし、アメリカでは『Neon Bible』は2位をマーク。それ以降3枚―『The Suburbs』(2010年)、『Reflektor』(2013年)、『Everything Now』(2017年)はカナダ、アメリカ、英国で1位を獲得。『The Suburbs』はグラミー賞年間最優秀アルバムを受賞した。ただ、最新作『Everything Now』は1位に輝いたものの、レビューは二分し、アメリカでのセールスは前3作に比べ数分の1まで落ち込んだ。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報