【ライブレポート】上杉昇、WANDS/al.ni.co/ソロ/猫騙を経てたどり着いた現在地

ツイート

8月1日にシングル「Survivor's Guilt」をリリースする上杉昇が、7月27日に新宿LOFTで<上杉昇 ACOUSTIC TOUR 2018 Survivor's Guilt>の初日公演を行った。昨年はデビュー25周年イヤーとして全国ツアーをはじめ、上海や台湾にて初の海外ライブも敢行したほか、自伝本も発表するなど精力的な活動を展開した上杉。そこでいったん小休止するかと思いきや、彼の勢いは止まらなかった。逆に、昨年のさまざまな活動から受けたであろう刺激や出会いを糧として、新たなる扉を開こうとしている。この日のライブからは、そんな彼の姿がはっきりと感じられた。

WANDS脱退後、al.ni.coの活動を経て、現在はソロ・アーティストとして、そして4人組ロックバンド“猫騙”のボーカリスト・SHOWとして活動を続けている。猫騙ではラウドでパワフルなロックを追求し、一方ソロでは“歌を聴かせる”ことに専念。ここ数年、ソロ・ライブの会場では観客は着席し、上杉の歌にじっくり聴き入っている。これまでも弦カルテットやピアノをフィーチャーし生音を重視したライブを行っているが、この日はアコギとキーボードだけをバックに歌うアコースティック編成。上杉の歌がより際だって感じられるはず、と期待は高まる。

荘厳なSEが流れる中、メンバー2人と上杉が登場すると、観客は温かい拍手で彼らを迎えた。まずはミディアムのロック・チューンを2曲。ギターが刻むカッティングのリズムと歌だけになるパートもあり、期待通りボーカルの細やかな表現まで伝わってくる。上杉のボーカル・スタイルというとクリーンなハイトーンのイメージが強いと思うが、彼の歌の魅力はそれだけではない。ハードロックでならしたシャウトはもちろん、低い音域でも声を歪ませるナチュラル・ディストーション・ボイスや、異様な迫力のあるビブラート唱法など、発声に関してだけでも個性的なボーカリストなのだ。


印象としては選曲的にチャレンジが多く、彼のライブを長く観てきたファンにも新鮮だったのではないだろうか。数々のアーティストがカバーしたジャズ、ブルースの古典的ナンバーを物憂げに哀しげに歌ったかと思うと、これまた洋邦のアーティストがカバーしてきた隠れた名曲をソウルフルに聴かせたり。上杉が中学生くらいの時に聴いていたというJ-POPのカバーや、英国のバンドのカバーなど、彼のルーツを再認識させてくれる場面がたくさんあった。

後半、ツアー・タイトルにもなっている「Survivor's Guilt」を演奏する際には、曲名の意味と今作に込められた気持ちを語った。

「これは造語とかじゃなくて、兵士が戦いの後、仲間がみんな死んだのに自分は生き残ってしまった、その生き残った事に対する罪悪感。この言葉の意味を知った時にピンとくるものがあって、歌にしたいと思いました。カップリング曲も相当気合い入っているので、ぜひCDを買って、詞を読みながら聴いて欲しいです…」──上杉昇

曲のテーマは重いが、曲調は淡々と静かだ。だからこそ、言葉が刺さる。「こんな強烈な人がいたんだなと知った時に、いつかこの人のことを歌にしたいと思っていて…」と語ったあとに演奏されたカップリング曲「赤い花咲く頃には」は、旧日本軍が開発していた人間魚雷の実験中に命を落とした実在の人物について歌った曲。これもまた静かな中に強烈なメッセージを秘めた楽曲。今回のシングルに収録された新曲は2曲とも設定がとてつもなくヘビーだが、曲調や歌詞はむしろ達観しているかの如く穏やかだ。そこへ声のニュアンスだけで絶望や無念さをにじませる上杉の表現力がすごい。楽曲の世界観へ観客を引き込むボーカリストとしての力量に改めて感心させられた。


アンコールでは、メンバー2人を紹介した後、ライブへの思いを。「俺は昔、ライブが嫌いだったんだけど、その頃はライブ盤とかも嫌いで聴かなかった。でも最近は…ライブだから完璧にはいかないけど、CDには無いライブならではの事がたくさんあるので、その良さにも気づいて。皆さんが応援してくれているからやってこれているわけで、これからもよろしくお願いします」と、“CDには無い、ライブならではの事”のいちばんの要素であろうオーディエンスへの感謝を伝えた。

ソロの楽曲はもちろん、デビュー前に自分が影響を受けた楽曲のカバーから、WANDS時代の曲、al.ni.co時代の曲、猫騙の曲、他アーティストとのコラボ曲のセルフカバー、そしてこれからリリースされる新曲まで。この日の選曲は、みごとに上杉昇が歩んできた音楽人生を網羅していた。それは今の上杉昇の歌を形成するために必要だった曲たち。だからこそ、彼がこの日のライブで昔の曲を歌った時も“この曲はヒットしたからみんな聴きたいよね”みたいなニュアンスでは決してなく、現在の自分に至るプロセスの一つ一つとして慈しむような愛情が感じられた。これは推測に過ぎないが、たぶん彼は昨年の25周年の活動に際し、極限まで突き詰めて自分自身に向き合ったのではないだろうか。これまでの人生を振り返り、25年間の音楽活動を検証し直したことで、すべての経験には意味があったのだと受け入れられたのかもしれない。誰でも過去の自分を認めるには勇気が要るが、それを乗り越えた人は強い。これまでの活動をすべて飲み込んだ上で新たな地平線に立った彼は、これからどんな景色を見せてくれるのだろう。9月まで続く本ツアーが終わった後、秋には18年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバムのリリースも予定されているというが、その充実ぶりを予感させるような手応えのあるライブだった。

文:舟見佳子
撮影:朝岡英輔



最新シングル「Survivor's Guilt」

2018年8月1日発売
OPCD-1183 1,700円(税込)
1.Survivor's Guilt
2.赤い花咲く頃には
3.FROZEN WORLD 35 MIX
All Songs Written and Produced by 上杉昇
※「君の名は」の新海誠監督による2013年作品「言の葉の庭」の音楽担当/KASHIWA Daisukeが全面的にアレンジで参加

<上杉昇 ACOUSTIC TOUR2018 Survivor's Guilt>

7月27日(金)新宿LOFT
8月5日(日)仙台enn 2nd
8月11日(土)金沢もっきりや
8月18日(土)広島BACK BEAT
8月25日(土)札幌COLONY
9月2日(日)京都MOJO
https://eplus.jp/ath/word/4845


『SHOW WESUGI 25th ANNIVERSARY BOX 世界が終るまでは…』

OPCD-2181 7,100円(税込)
[BOOK]自伝 世界が終るまでは…
[CD]LIVE TRACK
1.DON’T TRY SO HARD
2.Sleeping Fish 03.世界が終るまでは…
[DVD]LIVE TRACK in 台湾
1.時の扉
2.FLOWER
3.世界が終るまでは…

◆上杉昇オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報