スラッシュ「ガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンは5公演のみの予定だった」

twitterツイート

スラッシュとダフ・マッケイガンが復帰したガンズ・アンド・ローゼズのツアー<Not In This Lifetime…>は3年目に突入したが、スラッシュによると、このリユニオン公演は当初、数回のみ開催予定だったそうだ。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

ハード・ロック/ヘヴィ・メタルのラジオDJ/ジャーナリスト、Eddie Trunkの番組に出演したスラッシュは、5公演しか考えていなかったと、こう話した。「最初はそうなるはずだった。デカい長期のものは計画してなかった。アクセル(・ローズ)と俺が会い、いろいろ話してて、コーチェラ(・フェスティバル)やったらクールだなって思ったんだ。あそこからは長年に渡り、毎年、リユニオンのオファーがあったからね。俺ら、いい関係になったんだから、そこでやるのはいいんじゃないかって思った。それが原点だ。コーチェラでの2公演とウォーミング・アップ・ギグをいくつかやろうっていうのがね。で、(ウォーミング・アップ・ギグの)Troubadour、ベガス、メキシコとやって、コーチェラでプレイした」

「すごく上手く行った。全てがピタッとはまった。だから俺ら、“オーケー、オファーが来てるアメリカ・ツアーもやろうぜ”って言ったんだ。そこから全てが雪だるま式に増えた」

スラッシュは、彼が脱退後、制作されたアルバム『Chinese Democracy』の曲も楽しみながらプレイしていると言い、いまのラインナップで新しい音楽を作る可能性もあると話した。「俺ら、話してるよ。全員がやりたがっていると思う。どうなるか見てみよう」

<Not In This Lifetime…>は先月、ヨーロッパ・ツアーが終わり、11月にアジア、南アフリカ公演が開催される。

また、スラッシュは来月21日、スラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズのニュー・アルバム『Living the Dream(リヴィング・ザ・ドリーム)』をリリースする。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報