大塚 愛、初のアジアツアーを台湾からスタート

twitterツイート

大塚 愛が8月5日、ピアノ弾き語りライブ<AIO PIANO at ASIA>初日の台湾公演を台北・Legacy Taipeiで行なった。

◆ライブ画像

序盤は「金魚花火」「恋愛写真」など代表的なバラード曲、台湾でも人気が高い「プラネタリウム」を歌い上げた。MCでは中国語で「谢谢!我爱你!(ありがとう!愛しています!)」と挨拶する場面も。

また、9月5日に発売する最新シングル「ドラセナ」も弾き語りで披露。観客の中から3人をステージ上にあげて間近で聞いてもらうという嬉しい演出もあった。終盤は「さくらんぼ ―カクテル―」「甘えんぼ」なども披露。他にも様々な楽曲をピアノアレンジでリメイク、深みを増したパフォーマンスの連続で台湾公演を終えた。

大塚 愛は今後、8月12日の<ROCK IN JAPAN FESTIVAL>に出演後、8月17日には中国・深センにて<AIO PIANO at ASIA>の公演を行う。


<AIO PIANO at ASIA>

2018年8月5日:台湾(台北・Legacy Taipei)
2018年8月17日:中国(深セン 南山文体中心劇院 大劇場)
2018年8月19日:中国(広州 中山紀念堂)
詳細はこちら:https://avex.jp/ai/live/tour.php?id=1001197

◆大塚 愛 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報