沖縄出身のSSW・大城美友、日本クラウンからメジャーデビュー

twitterツイート

沖縄出身のシンガーソングライター・大城美友が10月10日、日本クラウンよりミニアルバム『MI-POSITION』をリリースしメジャーデビューする。

大城は2014年に沖縄で行なわれた世界的なオーディション番組の日本大会<X FACTOR OKINAWA JAPAN>で、エントリー総数約2000組の中からTOP6まで勝ち残った実力派シンガーソングライター。

同オーディション番組の審査員で、AKB48や少女時代、SHINeeなどの振り付けや演出を担当する世界的なダンスエンターテイナーの仲宗根梨乃は、その当時、大城のパワフルかつ繊細な歌声、天真爛漫で大胆なパフォーマンスを絶賛。メジャーデビューにあたり「Let your voice shine to the world! Congratulation Miyu!!!」と祝福のコメントを寄せている。

また大城は「デビューが決まった時は、嬉しすぎるあまり冷静になりました。一歩一歩、積み重ねてきた事。音楽が好きで、音楽が私から離れなかった。ちゃんと意味があったんだと。ようやくスタート地点に立ちます。私は私の歌を歌い、1人でも多くの方に希望や、夢、ヤル気、元気を持ってもらえたら嬉しいです。音楽が好きな気持ちは、何をどうやっても変わらないと思います。これから楽しみで仕方ありません。大城美友をよろしくお願いします!」とデビューにあたっての心境を語った。

Major Debut Mini Album『MI-POSITION』

2018年10月10日(水)発売
CRCP-40562 / ¥1,852+税
1. MI-POSITION
2. オレンジバタフライ
3. 一帆風順
4. 声が枯れるまで
5. 飛べ!ヘイ!
6. ニャン・ドン・ゴン
7. この空

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報