レニー・クラヴィッツ、同じ高校に通っていたスラッシュとは「友達じゃなかったけど、よく廊下で見かけてた」

twitterツイート

レニー・クラヴィッツとスラッシュは同じ高校に通っていたが、当時は友達ではなかったそうだ。デビューし、アワーズで再会してから親しくなったという。

◆レニー・クラヴィッツ画像

クラヴィッツは、エディ・トランクとのインタビューでこう話した。「俺ら同じ高校に通ってた。友達ではなかったが、俺は彼のことを知ってたよ。彼の家に遊びに行ったとかはない。でも、よく廊下で彼を見かけてた。彼と俺はよく廊下にいたんだ(笑)」

再会したのは、「アメリカン・ミュージック・アワーズでだ」という。「彼ら(ガンズ・アンド・ローゼズ)が何部門か受賞して、(クラヴィッツのデビュー・アルバム)『Let Love Rule』(1989年)が出たばかりだった。そこで、会って…、俺ら近くに座ってたんだ。それで、俺ら両方とも“あれ、見たことある!”ってなったんだよ。それで話し始め“ワオ! 俺ら同じ学校に行ってた”ってことになった。そのとき、親しくなったんだ」

2人はその後、クラヴィッツのセカンド・アルバム『Mama Said』(1991年)でコラボ。スラッシュは「Fields Of Joy」でギターをプレイしたほか、「Always On The Run」を共作した。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報