【インタビュー】はちみつロケット、「花火と漫画とチョコと雨」に“めっちゃ凝縮”されたガールズストーリー

twitterツイート

2018年春にシングル2枚同時発売でメジャーデビューした7人組アイドルユニット・はちみつロケットが、8月8日(はちの日)に3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」をリリースした。はちみつカラーをトレードマークに元気いっぱいな彼女たちが挑む、ちょっと背伸びした女の子ソングの舞台裏をBARKSではインタビュー。夏の暑さに負けず、チームワーク抜群、縦横無尽に語り合う彼女たちの魅力をお届けします。

◆はちみつロケット 画像

■最初の歌い出しから、「なんだろうこの曲は?」ってすごく引っかかると思う。(雨宮)
■女の子の<ああ 男って超ニブい>とか、すごくふてくされてるみたいで可愛いなって思って。(澪風)


——2枚同時発売となったメジャー1st&2ndシングル以来、約5ヶ月ぶりとなる3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」がリリースされます。最初に楽曲を受け取ったときはどんな印象を受けましたか?

森 青葉(以下、森):懐かしい感じのメロディなんですけど、最初は、早口すぎて何を言ってるんだか全然わからなくて(笑)。歌詞を見たら、すごい青春ソングだったので、心地いい気持ちになりました。

播磨 怜奈(以下、播磨):播磨は、3月に1stと2ndをリリースしてから、ずっと冬で気持ちが止まってて。

森:嘘だよ、絶対。半袖着てんじゃん。

播磨:いや、本当なの! でも、この曲を聴いて、一気に夏がきました!!


▲雨宮 かのん

雨宮 かのん(以下、雨宮):(笑)。夏らしくて爽やかでポップな曲だよね。歌詞はストーリー性がありつつ、あまり使わない言葉を使ってて。特に一番最初の歌い出し、<やめて!降らないでよバカ…>っていうところから、「なんだろうこの曲は?」ってすごく引っかかると思う。メロディも歌詞も聞いてくれた人が思わず振り向いてしまうようなキャッチーな曲だと思います。

——歌詞はそれぞれどう捉えました? 歌の主人公はどんな女の子でしょう。

華山 志歩(以下、華山):1stと2ndは等身大の私たちだったんですけど、3rdシングルはちょっと頑張って背伸びした女の子っていう感じがしましたね。

公野 舞華(以下、公野):強がりで応援したくなるような女の子なんですよ。しかも、ストーリーがすごく細かく描かれていて。

塚本 颯来(以下、塚本):聴くにつれてどんどんストーリーが展開していくので、聴いていると、本当に映像が浮かんできて。映画やドラマ、小説や漫画を読んでるような気持ちで聴くことができる曲だなって思います。

華山:私は特に、初っ端の<バカ…>が好きです。これをかのんちゃんに言われた男子のことを思うと……。

雨宮:男子じゃなくて、雨に言ってるよ(笑)。

華山:でも、聴いてると、自分が言われた気持ちになっちゃうの。かのんちゃんに<バカ…>って言われた〜って。

雨宮:あはははは。気持ち悪い。


▲澪風

澪風:(笑)私はサビの歌詞がすごく好きで。1番も2番も、女の子が頑張って会う理由を作ってるんですけど、男の子は「今日じゃなくていいよ」とか「甘いの苦手」と言って断ってて。そのあとの女の子の<ああ 男って超ニブい>とか、すごくふてくされてるみたいで可愛いなって思って。特に2番はふてくされた女の子が、「ねえ、早く食べなくちゃダメになる」って言ってるところを志歩ちゃんが歌ってて。志歩ちゃん、はちロケの食担当で。

森:大食いだからね。

澪風:だから、すごい合ってるというか。志歩ちゃんが言うことで、より可愛く感じられて、すごい好きな場所です。

華山:(髪の毛をいじりながら)確かに……。

森:確かに私、可愛いって? 自分のこと可愛いって思いながら歌ってますか?

華山:はい。可愛いと思いながら歌ってます(笑)。あそこはライブ中も志歩ちゃんタイムなんですよ。だから、妖精の気分で歌ってます。

森:志歩ちゃんタイム、そこだけなんですか? 短いですね。

華山:いいんです。そこに全身全霊をかけてるので!

雨宮:あはははは。でも、この物語の女の子、すごく可愛いよね。こんな可愛いことできないもん。

公野:会う理由を作るために、お土産のチョコの賞味期限を書き換えたりしてるところはちょっとやばいけど(笑)。

華山:フィクションだからね。非現実的な世界。歌だからありえる世界だよ。

播磨:歌詞で印象的だったのは、<夏休みなんて大嫌い>。私、夏休み大好きなのになって思いました。普通に考えたら、彼に会えないくらいで夏休みを嫌いにならないんじゃないかって。

森:いや、そんなことないよ! 

雨宮:この二人、真逆なんです。

播磨:私は、会えなくても夏休みが好きなんです。学校のみんなに会えないのは悲しいけど、夏休みって自分の時間が持てるし、友達に会おうと思えば連絡して会えるし。

華山:違うんだよ! わざわざ電話して約束しないと会えないっていうのが問題なの。学校は行けば会えるけど。

森:何かの映画で見たんですけど、女の子はスケジュール帳を開いて、夏休みが終わるまであと何日か……って、ため息をつくんですよ。

播磨:それ、『ヒロイン失格』だよ。

森:それそれ! で、女子は、その間に頑張ってダイエットしようって思うわけよ! だから、夏休みは大嫌いなんだよ。わかる? あんたは恋愛経験がないからだよ!

雨宮:あはははは。あんたもないだろ(笑)。この二人は恋愛映画を見て、自分がキュンキュンしてるタイプの人間なんです。

森:でも、播磨はダメですね。ヒロイン失格! 

——あはははは。一緒に花火大会を見に行こうと約束していた二人はどうなります?

森:1サビと2サビでは<会いたいのに>って言ってるんですけど、最後のサビで<今、会いに行く>に変わってるんですよ。この女の子は頑張ったんですね。そんな成長が見られるところもこちらのポイントですね、はい。

雨宮:会いに行くんだ、頑張れ!って、雨上がりの花火が応援してくれてるんだよね。

森:彼の家に走って会いに行くんだろうね。

澪風:最後のハッピーエンド感がすごい好き。

森:ハッピーエンドかわかんないよ。この後、また振られるかもしれないよ。

播磨:でも、走ってる女の子は笑顔なんだろうなって想像できる。その絵は可愛いよね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報