ロッド・スチュワート「ジェフ・ベック・グループの再結成、遅過ぎるってことはない」

ツイート

ロッド・スチュワートが再び、ジェフ・ベック・グループの再結成に乗り気な発言をした。

◆ロッド・スチュワート画像

ロッドは2015年チャリティー・イベントのために、ロニー・ウッド、ケニー・ジョーンズと共にフェイセズをリユニオンした際、ジェフ・ベック・グループも再結成させたいとロニーに提案したところ、ロニーも賛同したと話していた。

それから3年、ロッドは英国のマガジン『Uncut』のインタビューで「いまでも、遅過ぎることはないと思ってる」と、あらためてリユニオンを望む発言をした。「いまでもロンとは連絡を取り合ってる。彼は子供の映像を送ってくるよ。でも、ジェフとは…、僕ら、また一緒にやろうとしてはみたんだけどね。僕はいまでも、お互いエゴをちょっと抑えて、やってみるのに遅すぎるってことはないと思ってる」

ベックは2013年、その数年前、ロッドとコラボを試みたものの、ウンザリさせられたと、こう話していた。「その日、終日、曲作りに費やすはずだったんだ。なのに、紅茶飲んだ後、ロッドは“おっと、子供を迎えに行かなきゃ”なんて言い出したんだよ。それまでだ。あいつは落ち着きがない」

これに対し、ロッドは当時、「ジェフを怒らせると、彼は長いこと怒っている。僕ら、ブルース・アルバムを作ろうとしたんだ。でも、同意できないことがたくさんあった。彼にはおととし、クリスマス・カードを送ったよ。でも、返事はなかった」と釈明していた。

ロッドは今回の『Uncut』のインタビューで、ジェフ・ベック・グループとは対照的に、フェイセズの再結成はスケジュールさえ合えば「いつだってあり得る」と話した。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス