世界新記録に挑み、457人がAC/DCの「Highway To Hell」を演奏

twitterツイート

週末(8月12日)、オーストラリア・シドニーで開かれた<Sydney Guitar Festival 2018>で、新たなギネス世界記録を樹立しようと、457人のギター・プレイヤーが集まり、AC/DCの「Highway To Hell」を一斉にプレイしたそうだ。

◆イベントの様子

同国の音楽サイト『Music Feed』によると、これまでの“エレクトリック・ギターによる最大の集団演奏”ギネス世界記録は368人で、2013年にインドにて「Knockin’ On Heaven’s Door」(ガンズ・アンド・ローゼズ・ヴァージョン)がプレイされたという。

認定されるには約6週間かかるが、主催者はインドでの記録を破ったに違いないと確信しているそうだ。

<Sydney Guitar Festival>でのパフォーマンスは、オーストラリアのバンドThe Choirboysがリードし、それぞれのプレイヤーが電池式のミニ・アンプを使用したという。フェスティバルの主催者は「小さなアンプだったが、音は出た。素晴らしい雰囲気だった」とAAP通信に話している。







このイベントへの参加費は、オーストラリアにあるチャリティ団体Children’s Music Foundationへ寄付される。

シドニーでは先月、Scott Burfordさんが125時間ギターをプレイし続け(曲の合間に30秒ずつの休憩が許された)、ギネス世界記録に挑んだ。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報