【インタビュー】感覚ピエロ、47都道府県ツアー終了直後の楽屋で「日々、自分たちを高めていく」

twitterツイート

感覚ピエロが2018年3月から開催してきた自身2度目の47都道府県ツアー<KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!~チェンジだなんて言わせない~>が、7月28日に地元・大阪なんばHatchで幕を閉じた。Zepp Tokyoを含む数本のワンマン公演のほか、このタイミングだからこそ共演したいバンドを迎えた対バン公演を含む今回のツアーは、2015年に開催した1度目の<47(ヨンナナ)ツアー>とは全く意味合いが違うものになったようだ。

◆感覚ピエロ 画像

西日本豪雨で中止になった京都MUSEおよび神戸 太陽と虎の振替公演は残っているが、ひとまず無事ツアーファイナルを終えたメンバーに、ライブ終演直後のなんばHatchの楽屋にてインタビューを行なった。多くの経験を積んだツアーだったが、その眼差しは、今秋開催するZeppツアーと来秋の開催が発表された幕張メッセ公演を見据え、すでにバンドの“これから”に向かっていた。

   ◆   ◆   ◆

■僕らの想いとしては
■音楽が都市部だけのものであってほしくない

──まず、なんばHatchのファイナル公演(7月28日)を終えた直後の感想から聞かせてください。

横山直弘:47都道府県ツアーをまわってきて、日本全国で僕らのことが大好きだって言ってくれる人たちと一緒に音楽をやってきた集大成だったので。それに相応しい1日になったんじゃないかと思います。あとは、アンコールの最後に、「拝啓、いつかの君へ」を演ったんですけど、「みんなで歌ってくれ!」って言ったら、すごくちゃんと歌ってくれたことが嬉しかった。いつも「拝啓、いつかの君へ」をやるときには、みんなが歌ってくれる絵を思い浮かべていて、今日はもう頭からケツまでずっと声が聞こえてたので。今日の俺たちのライブが本当に届いたんだなって思いました。

▲横山直弘(Vo&G)

──たしかに今日の大合唱は、ツアーの序盤で見させてもらったZepp Tokyo公演とは比べものにならないぐらい大きかったです。

横山:ですよね。で、そのあとに「来年の春に幕張メッセをやります」って映像で発表したときに、「ワー!」っていう歓声があがって。それを聞いたときも“待っててくれてるんだ。このままついて来てくれるんだ”と思って、ウルッときちゃいました。

秋月琢登:ちゃんと一緒に喜んでくれてることに鳥肌が立ちましたね。バンド内で、「次はZeppツアーをするか」とか「来年の秋には幕張メッセでやるか」っていうのは簡単に言えるんですけど、改めて集まってくれたリスナーに対して、「これが俺らの目標だから、よろしくね」って言えたのは、ひとつ大きい宣言かなと思ってます。

──滝口くんとは西尾くんはどうでしたか?

滝口大樹:いい意味で、いつもどおりできましたね。

横山:ふふふ(笑)。

秋月:何、笑っとるん?

横山:いつもどおり音が鳴らなかったなと思って(笑)。

──ああ(笑)。たまに滝口くんのベースの音が出なくなるっていうのが、感覚ピエロの“トラブルあるある”になってますからね(笑)。

滝口:嫌味言うなあ、こんなときに(笑)。

西尾健太:まあ、ケンカすなや(笑)。

滝口:ま、そういう意味でも、いつもどおりできて良かったのかな(笑)。

西尾:僕はめっちゃ緊張しました。1ブロック目とかは本当に何をやってるかわからなかったですもん、自分で(笑)。たぶん前回の47都道府県ツアーとは違ってて、1ヵ所ずつ背負ってきたものがあったから、それに潰されそうになってたんです。でも、途中からめちゃくちゃ楽しくなりました。

──MCでは見たことがないぐらい西尾くんがたくさん喋ってましたね。

秋月:「俺、今日は喋るわ」言うてたもんな(笑)。

滝口:よう喋ってた。

西尾:ヤバかったな。言葉が出る出る。

──ちょうど結成5周年の日でもありましたけど、感慨深いものはありましたか?

秋月:それがあんまりなくて。意外とサラリとしてたというか。“俺らを祝ってよ!”みたいな感じじゃなくて、次に開催する秋のZeppツアーとか、来年の幕張メッセ公演を発表したことを、みんなが喜んでくれたことのほうがぐっときましたね。

西尾:そうだね。

▲秋月琢登(G)

──では、47都道府県ツアーを無事にやり終えた感想は?

秋月:もうやりません!

──あははは、大変でしたか?

秋月:(メンバーに)ぶっちゃけどう?

横山:うーん……1回目の47都道府県ツアーと今回とは意味が全然違いましたからね。

秋月:ちゃうよね。

西尾:まあ大変でしたけど、前回と違って1本1本大事にできたかなと思いますね。

秋月:前回は武者修行みたいな感じだったからな。

滝口:今回は2周目なので、「ただいま」って言える箇所が全国にあることが“すごい幸せやな”と思ってました。ライブ中に「前回も来てくれた人?」って聞くと、意外とけっこうな人数がいて。それだけでも“ああ、来てよかったな”って思うし。

秋月:無名のときから自分らで積み上げてきたものがあって、ちゃんと47ヵ所お客さんが入ってくれてたんですよ。ソールドアウトの会場もあれば、足りてない会場もあったんですけど。俺らを見に来てくれてるっていう、その“行動”が嬉しいというか。

横山:そういうなかで、ようやく地に足が着いたツアーだったなと思ってますね。僕らの想いとしては、音楽が都市部だけのものであってほしくないんです。47都道府県ツアーをまわって、いろいろな都市で感覚ピエロの音楽を待っていてくれて、会場ごとに違う反応があって。でも、それぞれが感覚ピエロっていうバンドのことを好きでいてくれる。今回のツアーでは俺らが5年間積み上げてきたものを、ちゃんと一緒に楽しもうっていう状況が作れたと思うんです。それを全会場でできたことに価値があったと思いますね。

秋月:もうちょっと俺らの規模が大きくなったら、また各会場をより大きいところにして、47都道府県ツアーができたら嬉しいですよね。

横山:次に47都道府県ツアーをやるときは、全部ワンマンで。

秋月:それ、したいよね。

横山:それで最後に「全部ソールドアウトしたね」って言いたい。

秋月:それができたら、次はさいたまスーパアリーナやな。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス