東方神起、ライブダイジェストやインタビュー映像を含めた特別番組を放送

twitterツイート

東方神起が6月8日~10日に日産スタジアムで行なった<東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM>ファイナル公演のライブダイジェストやインタビュー映像を含めた特別番組が、8月18日午後2:30よりWOWOWライブにて放送される。

◆ライブ画像

日産スタジアム公演は海外アーティスト初となった2013年以来5年ぶり、しかも今回は3日間の開催だ。最終日の6月10日は朝からどしゃぶりの雨という生憎の天候に見舞われたが、東方神起は復帰第一弾の楽曲「Reboot」からライブをスタート。宙に浮いた白いボックスからムービングステージに降り立った二人は、雨に濡れながらも力強いボーカルリレーとダンサーたちと変わらぬ切れのあるダンスを見せた。


スタジアムならではのスケール感で「B.U.T(BE-AU-TY)」では特効を合図にアリーナ後方のバックステージまで130mの華麗なフライングで移動、ミディアムバラード「Bolero」では2人の圧倒的なボーカル力で73,000人を惹きつけた。そして、ナポレオンジャケットの衣装で登場したユンホがダンス、歌、高速ラップと自身の魅力が凝縮しているソロ曲「Drop」をダンサーと共に披露、チャンミンはX JAPANの「Forever Love」をカバー。ダンサーの上に立ったり力強いダンスで男らしい一面を魅せたユンホと、雨に加えステージ両脇の噴水の演出も加わり、日産スタジアムのど真ん中で幻想的なステージを披露したチャンミンの熱唱にそれぞれ大きな歓声と拍手が沸き起こった。降りしきる雨をも演出のひとつへと昇華させてしまうのが東方神起のすごいところだ。


「もっと盛り上がっていきましょう!」とユンホの掛け声を合図に「DIRT」からスタートしたライブ後半は、「Purple Line」「Why?[Keep Your Head Down]」と懐かしいナンバーと重厚なダンスチューンで一気に盛り上げた。ラフな衣装で登場したアンコールでは、二人の代表曲「Rising Sun」から始まり、「Begin~Again Version~」では客席に“WE LOVE TOHOSHINKI”とライトの文字が浮かび上がり感動的な光景を描いた。オーラスの「Somebody To Love」では「ぶっ飛ばしていくぜ!」のユンホの叫びでステージ上に花火が打ち上げられた。花火の煙が晴れて浮かび上がった2人のシルエット。5大ドームツアーを経て、さらに力強くタフになった2人の姿がそこにあった。

WOWOWではこのライブの模様のダイジェストやインタビュー映像を含めた特別番組を放送する。特設サイトではスペシャル動画も公開中だ。


◆「東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM ダイジェスト&インタビュー」特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報