【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.54「ドカベン」

twitterツイート

高校野球の季節です。特に野球が好きな訳ではないのでテレビ観戦はしませんが、何故か「ドカベン」の漫画は好きで、この季節になると岩鬼や殿馬など大勢のキャラクターの顔が浮かびます。実家に単行本があって男兄弟三人で回し読みしていたからかもしれません。「豪腕賀間破れる!」のコマを読んで三人のうちの誰かが「豪腕賀間なのに~♪」と節を付けて歌い出し、それから何日か我が家でその繰り返しが流行ったのを覚えています。ちなみに音階は「レ(1拍)レ(1拍)ソ(半拍)ファ(半拍)ミ(半拍)レ(半拍)ド(4拍)」です。主人公、山田太郎は動体視力を鍛えるために、電車に乗る際下駄履きでキャッチャーの構えをして窓の外を流れる看板の文字を読む訓練をします。他の乗客が「今通過した駅の名前が読めたか?」と尋ねると「武庫川だと思うけど」と正解して驚かれるのですが、自分もその電車に乗る機会があり、その駅名を目にして感動したものでした。今で言う聖地巡礼です。

ドカベンはキャラは個性派揃いで分かり易く、野球嫌いの自分でも面白く読みました。主人公山田太郎のいる明訓高校だけでも、学生帽で常に葉っぱをくわえている悪球打ちの「岩鬼」、ずらずら訛りながら秘打を生み出すピアノの名手「殿馬」、神経質で勝気な小さな巨人「里中」、他の学校と間違って入学してしまった「微笑」など、濃いメンバーが勢揃いしています。更に、真空打法の「雲竜」や、腕が伸び縮みする投法の「犬飼」など曲者だらけの相手チームが次々に登場するので、飽きることなく全48巻を読み通すことができます。ロックも同じで、キャラの立ったメンバーのいるバンドは分り易く、楽しみが倍増します。例えば、KING CRIMSONのRobert Fripp、BLACK SABBATHのOzzy Osbourne、MOTORHEADのLemmyなど、「北斗の拳」のケンシロウばりにオーラをまとった人間が一人いるだけでステージが豪華な絵画のように観る人を魅了します。癖があり過ぎて度々メンバーチェンジを繰り返す難点もありますが、それもまた風物詩のように受け入れられるので不思議です。水墨画のようなバンドも渋くていいですが、やはりハードロックは派手な方が絵になります。

Graham Bonnetという個性的なボーカリストがいます。リーゼントにサングラス、スーツにネクタイと、およそハードロックぽくない出で立ちに、がなりっぱなしのボーカルスタイルは、後にも先にもこの方しかいません。この異端ロッカーを自分のバンドに誘ったのが、ハードロックの先駆者、虹色のオーラをまとったスーパーギタリストRitchie Blackmoreです。ドラムは永遠のカリスマドラマーCozy Powell、ベースはヒット作請負プロデューサーでもある元DEEP PURPLEのRoger Glover、キーボードは数々のバンドでスーパープレイを残したDon Aireyと、まさにロック界の明訓高校です。こんな超有名人が集結してできたアルバムがRAINBOWの「Down To Earth」で、当然ながら名盤です。M1の「All Night Long」はDEEP PURPLE時代の「Smoke On The Water」から続くRitchie節の代表曲ですし、M2「Eyes Of The World」、M7「Danger Zone」、M8「Lost In Hollywood」など、ハードとポップが絶妙な具合に混ざり合った名曲が詰まっています。無名だったGraham Bonnetは臆することなくがなりまくり、アルバム一枚で脱退の運びとなりますが、後にMICHAEL SCHENKER GROUPの一枚でがなり、自分で結成したALCATRAZZでがなって大成功を収めます。


明訓高校の岩鬼にとっては、ど真ん中のストレートが悪球で大暴投が絶好球なのですが、女性の好みも普通の逆で、美人がドブスに見えます。子供の頃はそんなはずあるわけないと思っていたのですが、大人になってみると自分の女性の嗜好が岩鬼に近くて驚いています。

Ritchie 節(5度とオクターブ上の複弦で弾くリフ)の名曲

A1.Smoke On The Water / DEEP PURPLE
A2.Woman From Tokyo / DEEP PURPLE
A3.Burn / DEEP PURPLE
A4.Man On The Silver Mountain / RAINBOW
A5.Long Live Rock 'n' Roll / RAINBOW
B1.Kill The King / RAINBOW
B2.All Night Long / RAINBOW
B3.Lost In Hollywood / RAINBOW
B4.Spotlight Kid / RAINBOW
B5.Can't Happen Here / RAINBOW



<恩讐の彼方~人間椅子2018年晩夏のワンマンツアー>

8月21日(火)仙台CLUB JUNK BOX
8月24日(金)札幌 cube garden
8月26日(日)青森 Quarter
8月29日(水)名古屋 Electric Lady Land
8月31日(金)大阪umeda TRAD(前AKASO)
9月 3日(月)博多 DRUM Be
9月 5日(水)高松 OLIVE HALL
9月 7日(金)東京渋谷 TSUTAYA O-EAST

『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』 

4月4日(水)発売
Blu-ray Disc:\3,704(税別) TKXA-1119
DVD:¥2,778(税別)TKBA-1251
全16曲収録



◆人間椅子 公式LINEアカウント
◆【連載】人間椅子 鈴木研一の「ハードロック喫茶ナザレス」まとめ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報