【インタビュー】HIRO [La'cryma Christi]、2ndソロアルバムを語る<第2回>「きっと誰も予想していない」

twitterツイート

La'cryma ChristiのギタリストHIROが8月15日、2ndソロアルバム『Midnight Sun』をリリースした。ギターインストアルバム『Gale』(2017年4月発表)にてソロアーティストの道を歩み始めたHIROが、新作『Midnight Sun』で表現したのは、前作から一転。全10曲が自身のヴォーカル曲として完成した。アルバムを貫くテーマは“Show, don't sing!”──歌うのではなく情景を見せなさい。同作についてHIROが語ったインタビューを全4回の連載でお届けしたい。

◆『Midnight Sun』トレーラー 動画

その第2回目は、1970年代にかぐや姫と風といった2つの伝説的グループで活躍したレジェンドとのコラボについて。「22才の別れ」「なごり雪」をはじめとする楽曲の作詞で知られる伊勢正三との誰も想像しなかった共作は、世代、時代、ジャンルを越えて名曲を生み出した。その共作過程を中心に、導き出された新たな発見を語る。

   ◆   ◆   ◆

■歌詞が聴こえる音楽にしようという方向性
■そのためにも歌詞から作ってみようと

──前アルバム『Gale』は狼男の悲恋がコンセプトでしたが、今作『Midnight Sun』のコンセプトは?

HIRO:ニューアルバムを作るにあたり、スタッフと話し合い、“あり得ないことを積極的にやろう” “今まで誰もやっていないことも果敢にチャレンジしよう”を根底に置いていました。あり得ないことのひとつが伊勢正三さんに作詞をお願いすることで。自分の友達や知り合いに歌詞を依頼することの長所もあると思いますが、予想を越えられない可能性もあるので。別世界の方々と交わるのがこのアルバムを作るうえでは重要でした。

──伊勢正三さんとは面識があったのですか?

HIRO:お名前は存じ上げていましたが、面識はありませんでしたし、雲の上の方じゃないけど、別世界の方という印象。「なごり雪」は知っていても、伊勢さんのソロを深く掘り下げて聴いていたわけでもなかったですから。だから、プロデューサーから“伊勢さんに作詞を依頼したい”と提案されたときは、完全に意表を突かれました。

──10代の頃は、オフコースを聴く少年だったそうですね。

HIRO:そうです。中学生になったばかりの頃、ガッツリ聴いていました。ただ、まだギターを弾き始める前。ロックも知らない頃。もともと小学生のときから、チェッカーズとか、歌謡曲がすごく好きでした。中学生になると、色気づくじゃないけど(笑)、ファッションにしても、行動範囲にしても、遊びにしても、枠が少し広がりますよね。聴く音楽も同じで、友達が聴いているオフコースや安全地帯とかまで広がったということ。意識はしていませんが、今でもメロディを作るとき、あの頃に刷り込まれたポピュラリティーがどこかで影響していると思います。

──伊勢さんとのファーストコンタクトはどの歌詞でしたか?

HIRO:最初に送られてきたのが「反逆のセレナーデ」でした。いわゆる詞先──先に歌詞を書いてもらい、それに合わせて僕がメロディを書くという手順です。でも、詞先は、全然経験がなかったので、伊勢さんに先に歌詞を書いていただけたとしても、それに自分がメロディをつけられるのか、本当に不安で。今までは、常にメロディを先に作ってきましたから、どうなるかまったく見えていませんでした。今回のアルバムを作るにあたり、歌詞を大切にしよう、歌詞が聴こえる音楽にしよう、という方向性でもあったので。そのためにも歌詞から作ってみようと。もしも僕がすべて決定していたら、詞先の発想はなかったから。自分の想像をも越えることができたので有意義でした。

──最初にメロディをつけたのは、最初に送られてきた「反逆のセレナーデ」ですか?

HIRO:はい。でも、実は、曲はすでに何曲かはできあがっていて。メロディも完成していました。だから、「反逆のセレナーデ」の歌詞を、そのなかのどれにあてはめようか、という発想。とはいえ、別々に作った詞とメロディがピッタリ合うなんて奇跡が起こるわけもなく、メロディもガラッと変わりましたけど。原形のメロディは、全体的にもっとゆったりしていたんです。でも、“Aメロは早口で歌うイメージ”と伊勢さんから歌詞と一緒にメッセージをいただいたので、けっこう言葉を詰め込みました。そうすると、自分のなかでサビとのバランスが取れなくなり、失礼かもしれないけど、伊勢さんにサビを追加してもらえませんかとお願いしまして。で、送信したメロディに、当然ですが、ビシッとハマる歌詞がついて返ってきたんです。

──まさにキャッチボールですね。

HIRO:他の曲でも伊勢さんからアイデアをいただきました。前は、自分が書いたメロディを変えられることにすごく抵抗していたんですよ。メロディが壊されるような気がして。ところが、今回は自分で自分のメロディを壊すことで、自分でも予想していなかった展開もあり、だんだん楽しくなって。自分自身が予想していなかった曲だから、きっと誰も予想していない曲になっていると思います(笑)。

──伊勢さんが作詞をされた「祈り」は不思議な響きの曲。

HIRO:“こういうトリッキーな歌詞はどう?”と伊勢さんから送られてきたのが「祈り」のサビです。偶然にも、僕も幻想的な曲を作っていて。そのサビに歌詞を重ねてみたら、相性がよかったので合体させました。なので、サビ以外のところは、メロディが先にあって、伊勢さんがそれに合わせて詞を書いてくださいました。詞先と曲先のハイブリッド(笑)。あの歌詞は、各ブロックで五十音の音が1回しか出てこないように書いてあります。

──あ、い、う、え、お…すべて1回ずつ?

「いろはにほへとの「いろはうた」がそうですよね。なので、伊勢さん流の「いろはうた」です。僕のキャリアのなかでは出会ったことのないアイデアだったので惹かれました。そういう点でも、単に歌詞を書いてもらった以上の存在で。「祈り」も、“ここには女性のスキャットみたいなコーラスが合うと思います”と提案してもらったり。本当に感謝しています。そこまで僕に興味を持っていただけのも光栄でした。

◆HIRO [La'cryma Christi]、2ndソロアルバムを語る<第1回>へ


■2ndソロアルバム『Midnight Sun』


2018年8月15日(水)発売
GQCS-30009 3,240円(税込)
01. 白夜 (作詞:HIRO)
02. 我 (作詞:鈴木慎一郎)
03. 鏡の中の君 (作詞:伊勢正三)
04. 反逆のセレナーデ (作詞:伊勢正三)
05. 緑の秋 (作詞:伊勢正三)
06. conviction (作詞:Naoki. H)
07. 残り香 (作詞:鈴木慎一郎)
08. 祈り (作詞:伊勢正三)
09. under the midnight sun (作詞:HIRO)
10. 遥か... (作詞:鈴木慎一郎)
全作曲・編曲:HIRO

▼レコーディング・ミュージシャン
Vocal & Guitar:HIRO
Bass:中村泰造
Drums:ササブチヒロシ
Chorus (M8):玉虫ナヲキ

【オフィシャルストア CD予約特典】
特典1) 直筆サイン入りフォトカード
https://wardrecords.com/products/detail4605.html
【オフィシャルストア CD+チケット予約特典】
特典1) 直筆サイン入りフォトカード
特典2) 8/26(日)ライヴ終演後の「握手&サイン会」参加券付
https://wardrecords.com/products/detail4606.html

■『Midnight Sun』発売記念インストアイベント

2018年9月2日(日)14:00~ タワーレコード渋谷店
2018年9月2日(日)18:30~ 渋谷ZEAL LINK
http://www.lacrymachristi.jp/HIRO_MidnightSun.html

■2ndソロライヴ<Under the midnight sun>


2018年8月26日(日) 渋谷CLUB QUATTRO
Open15:45 / Start16:30
▼ライヴ・ミュージシャン
Vocal & Guitar:HIRO
Guitar:Shinobu
Bass:中村泰造
Drums:ササブチヒロシ
Guest:田澤孝介 (Rayflower)
▼チケット
スタンディング 6,800円 (税込/ドリンク代別)
一般発売中
・オフィシャルストア https://wardrecords.com/products/detail4607.html
・イープラス http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002265418P0050001P006001P0030001
・ローソンチケット 0570-084-003 [Lコード:76406] http://l-tike.com/order/?gLcode=76406
・チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:122-039] https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1830991

■HIRO初のファン旅行<〜HIROの甘い罠〜越後湯沢で過ごす魅惑の2日間〜>


開催日:2018年10月20日(土)〜10月21日(日)
宿泊施設:NASPAニューオータニ(新潟県)
http://kk-kanko.com/hiro2018/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報