たこやきレインボー、<SUMMER SONIC>に2年連続参戦

twitterツイート

たこやきレインボー(以下、たこ虹)が、8月18日にZOZO マリンスタジアム&幕張メッセで開催された<SUMMER SONIC 2018>の「JUNGLE STAGE」に出演した。

◆ライブ画像

昨年、<SUMMER SONIC2017>でサマソニ初参戦を果たした、たこ虹。アイドルグループとしては異例とも言える2年連続2回目の出演となった。なお、たこ虹は8月4日に東京・台場で開催された<TOKYO IDOL FESTIVAL 2018>にも出演し、春名真依が「アイドルとしてサマソニを盛り上げてきます!」と宣言していた。

<SUMMER SONIC 2018>では久しぶりに生バンドなし、5人だけでステージに立った。最初からボルテージ全開かと思いきや、大塚愛が作詞・作曲・プロデュースを手掛けたスイートでメロウなテクノポップ「卒業ラブテイスティ」で幕開け。恋愛模様を描いた歌詞の中に勇気を振り絞って新たな一歩を踏み出すという決意が込められた胸キュンソングを歌い終えると、短めの自己紹介の後でリーダーの堀くるみが「短い時間ですが、楽しんでいきましょう」と挨拶。


続いてメジャー1stシングルで、松隈ケンタ(SCRAMBLES)が手掛けたダンスポップ「ナナイロダンス」では、根岸可蓮が「サマーソニック、みんなで踊るで〜」と呼びかける。さらに彩木咲良による「おい、おっさ〜ん! ここから声を出して拳をあげていくぞ〜」というあおりを経て、KEMURIの津田紀昭が作曲した「輝け!おっサンシャイン!」からインディーズ時代から人気の「めっちゃPUNK」とアグレッシブなパンクナンバーを連発。全員お揃いの真っ赤な衣装で髪を振り乱しながら熱唱し、オーディエンスの拳と声をあげさせた。

そして春名真依が「最後の曲もみんなで一緒に歌って踊りましょう」と語り、前山田健一プロデュースのメッセージソング「RAINBOW~私は私やねんから~」を高らかに力強く歌い上げ、フロアにたこやきの虹を架けた。また、清井咲希の気持ちの入った歌い回しに、この歌を絶対に届けるんだという思いの強さを感じた人も多かったはず。アイドルフェスとロックフェスの架け橋となった彼女たちは、サマソニのオーディエンスにこの1年間での進化、成長した姿を見せつけ、最後にアイドルらしい笑顔で締めくくった。


セットリスト

SE tacoture
M1.卒業ラブテイスティ
M2.ナナイロダンス
M3.輝け!おっサンシャイン!
M4.めっちゃPUNK
M5.RAINBOW~私は私やねんから~

◆たこやきレインボー オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス