いきものがかりの吉岡聖恵、初ソロカバーアルバムにスピッツやゆずの楽曲も

ツイート

現在“放牧中”のいきものがかりの吉岡聖恵が、ソロヴォーカリストとして初となるアルバム『うたいろ』を10月24日にリリースする。

◆吉岡聖恵 画像

『うたいろ』には全曲カバー曲を収録。2018年2月に配信リリースされた「夢で逢えたら」(作詞作曲:大瀧詠一)、「糸」(作詞作曲:中島みゆき)をはじめ、「アイネクライネ」(作詞作曲:米津玄師)、「少年」(作詞作曲:北川悠仁)、「冷たい頬」(作詞作曲:草野正宗)など、新旧交えた楽曲達が収められることも併せて発表となった。

楽曲セレクトは、“放牧中”である今だからこそ、改めて様々な名曲達と向き合い、ソロとして歌いたい楽曲を吉岡自らがセレクトしたという。以下、吉岡聖恵のコメントをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

「今回は、貴重な機会を頂き本当に有り難く思っています!
このアルバムには、今回歌ってみたかった曲、自分の大好きな曲など、沢山の魅力的な曲の数々を詰め込みました。
カバーさせて頂いた曲は、どれも名曲で、存在感のある素敵な楽曲ばかりです。

ソロでのカバーアルバムという初めての体験でドキドキしましたが、素晴らしいミュージシャンの皆さん、頼もしいスタッフの皆さんと共に和気あいあいとした空気の中で制作する事が出来ました。

本気で、そして無邪気に取り組みました!!
是非是非、様々な“うた”から感じられる“いろ”を楽しんで頂けたらとっても嬉しいです!」──吉岡聖恵

   ◆   ◆   ◆

■カバーアルバム『うたいろ』

2018年10月24日リリース
<収録曲(曲順未定)>
・糸 (作詞作曲:中島みゆき)
・夢で逢えたら (作詞作曲:大瀧詠一)
・少年 (作詞作曲:北川悠仁)
・さらば恋人 (作詞:北山修 作曲:筒美京平)
・初恋 (作詞作曲:村下孝蔵)
・ヘイヘイブギ (作詞:藤浦洸 作曲:服部良一)
・アイネクライネ (作詞作曲:米津玄師)
・500マイル (作詞作曲:Hedy West 日本語詞:忌野清志郎)
・哀しい妖精 (作詞作曲:Janis Ian 日本語詞:松本隆)
・冷たい頬 (作詞作曲:草野正宗)
and more

この記事をツイート

この記事の関連情報