沖野修也、KYOTO JAZZ SEXTETのニューシングルはファラオ・サンダース「YOU’VE GOT TO HAVE FREEDOM」カバー

twitterツイート

Kyoto Jazz Massiveの沖野修也が2015年に始動させた、現代的なジャズの表現を追求するユニット“KYOTO JAZZ SEXTET"の待望の新作として、ファラオ・サンダースの「YOU’VE GOT TO HAVE FREEDOM」のカバーをリリースする。

幾多のカバーが存在する大名曲だが、フューチャリングに元ファータイル・グラウンドのソウル・ディーヴァであるナヴァーシャ・デイヤとファラオ・サンダースの息子の新進気鋭のサックス奏者トモキ・サンダースを迎え、世代を繋ぐ最高の組み合わせでのカバーが実現したもの。

またSIDE Bには昨年発表され国内はもとより海外での評価も高い、オリジナル曲「MISSION」のUnreleased takeを収録。今作もジャケットは銅箔を使用した豪華仕様で、音源制作過程においてはデジタルを通さずにアナログレコーディングによるマスターをカッティングして制作し、180グラム重量盤でのリリースとなる。


「YOU’VE GOT TO HAVE FREEDOM」

11月3日(土)リリース
LABEL:EXTRA FREEDOM
A.「YOU’VE GOT TO HAVE FREEDOM」
B.「MISSION」(Unreleased take)

◆沖野修也 オフィシャルサイト(EXTRA FREEDOM)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報