アレサ・フランクリンの孫、数ヶ月前に撮ったアレサの弾き語り映像を公開

ツイート

アレサ・フランクリンの孫Victorieさん(18歳)が、5ヵ月前に撮影したアレサがピアノで弾き語りするホーム・ビデオを公開した。

◆公開された映像

Victorieさんは、アレサが亡くなった日(8月16日)、この映像と共にこうツイートしていた。「彼女の家に行ったときの思い出、たくさんある。彼女はピアノを演奏したり歌ったりしていた。いま私が感じている痛みは、言葉では表せない。でも、神様は、彼女が安らかにあると私に教えてくれている。今日、私たちはアイコン、レジェンドを失った。でも今日、私は祖母を失った。あなたを愛している。そして私は、あなたに誇らしく思ってもらえるようになる」

映像は今年3月17日に撮影されたもので、アレサは「Nessun dorma(誰も寝てはならぬ)」を歌っているようだ。Victorieさんはこの春、アレサの新曲のレコーディングに参加し、バッキング・ヴォーカルを歌ったと言われている。


アレサは昨年、ライブ活動からの引退を表明した際、「今後、孫たちともっと一緒に過ごせるのを楽しみにしている」と話していた。

アレサの葬儀は、8月31日デトロイトのGreater Grace Templeで執り行われる。これには家族と親しい友人のみ参列するが、その数日前(8月28、29日)、市内の博物館Charles H Wright Museum of African American Historyにて一般向けの追悼式が開かれる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報