ポスト・マローンを乗せたフライト、飛行中にタイヤが破裂し、緊急着陸

twitterツイート

ポスト・マローンと彼のチームを乗せたプライベート・ジェット機が、離陸する際2つのタイヤがバーストし、予定していたのとは別の空港に緊急着陸した。

◆ポスト・マローン画像、動画

ポスト・マローンは週末英国で開かれる<レディング/リーズ・フェスティバル>に出演するため、火曜日(8月21日)、ロンドン・ルートン空港を目指し米ニュージャージー州を飛び立った。

しかし、パイロットは離陸してすぐ、タイヤがバーストしたことに気づき、航空管制局から燃料がなくなるまで旋回するよう指示されたという。午前10時50分にニュージャージーを飛び立ったジェットは、午後4時に滑走路が長めのNY市にあるスチュワート国際空港に緊急着陸したそうだ。

このプライベート・ジェットにはポスト・マローンを含め16名が搭乗していたという。無事、着陸できたポスト・マローンは、TMZ.comの取材に「オー・マイ・ゴッド。俺はもともとフライトが嫌いなんだ。何て言ったらいいかわからない。ショックだ。ビールが必要だ。ワインが欲しい。同時にだ」と答え、パイロットにも感謝した。


また、「着陸した。祈ってくれた人たち、ありがとう。このウェブサイトに、こんなに俺の死を願っている人がいるなんて信じられない。F**k you でも今日じゃない」と、つぶやいた。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報