クリス・コーネルの銅像建立、反響が大きく、除幕式を10月に延期

ツイート

米シアトルにある美術館Museum Of Pop Cultureに建立される故クリス・コーネルの銅像の除幕式が、当初予定されていた8月29日から10月7日に延期された。

◆クリス・コーネル画像

反響が大きく、より多くの人たちが出席できるよう計画を変更したそうだ。銅像がお披露目された後、美術館内にあるSky Churchでサウンドガーデンのライブ・パフォーマンス映像『Live From The Artist's Den: Soundgarden』を上映するという。




コーネルの妻ヴィッキーさんは、コーネルの54回目の誕生日だった7月20日、彼の等身大の銅像を美術館に寄贈することを発表。彼女は「クリスの音楽は世界中の大勢の人たちの人生に触れてきましたが、彼の音楽史への貢献を称え祝福するのに、シアトルほど相応しい場所はありません。また、シアトルはポピュラー・ミュージックにおけるユニークな場でもあります」「子供たちと私は、絶えることのない皆さんからの愛、思いやり、支援にとても感動しています。これは、私たちからMuseum Of Pop Cultureとシアトルへの贈り物、彼にスタートのチャンスを与えてくれた絆の固いコミュニティへのお返しです」と、Museum Of Pop Cultureは「コーネル一家からこのような贈り物を受け取り、ポピュラー・ミュージックにおいて最もパワフルで重要なヴォイスの1つに敬意を表せることを誇りに思います」とコメントしていた。

式典にはコーネルの家族ほか、サウンドガーデンのメンバーも出席するようだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報