ジョン・レノン殺害犯、10回目の仮釈放却下

twitterツイート

ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマン(63歳)の仮釈放申請が、今年も却下された。これで10回目となる。チャップマンは、服役してから20年が経った2000年から2年ごとに仮釈放の申請が可能で、毎回その機会を逃さず申請してきたが、今回も認められなかった。

◆ジョン・レノン画像

3人で構成される仮釈放審査会は水曜日(8月23日)、チャップマンを釈放することは「社会の福祉と安全に反し、このような深刻な犯罪を軽視することとなる」と却下し、「これが唯一の犯罪歴だったとしても、あなたの行為が軽減されるわけではない」と厳しい判断を下した。

審査員はまた、社会に出ると、復讐などの対象となりチャップマン自身が傷つけられる恐れもあると懸念したという。

これまでも、これら同じ理由により却下されてきた。

先週、チャップマンの仮釈放に反対し、NYセントラル・パークで集会が開かれていた。

チャップマンは2年後の2020年8月に再び申請することができる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報