<a-nation>東京公演初日。東方神起が4年ぶりにヘッドライナーに帰還

twitterツイート

今年で17回目を迎えた夏の野外音楽フェス<a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネル>のファイナルとなる東京公演が、8月25日、26日味の素スタジアムで開幕した。

◆ライブ画像

東京公演の初日の8月25日は、ヘッドライナーの東方神起をはじめ、NCT 127、m-flo、CHEMISTRY、C&K、Da-iCE、超特急、BiSH、BoAなど17組が出演し、5万人を動員。オープニングアクトには、ディズニー映画『リメンバー・ミー』で主演を務めた14歳のシンガー・石橋陽彩やTHE BEAT GARDEN、さらにシューティングアクトとしてSOLIDEMO、EMPiRE、Beverlyという注目の若手アーティストも名を連ねたほか、イベントの中盤にはエイベックスの名曲をカバーするリバイバル企画も開催。8時間にわたってバラエティ豊かなアーティストを堪能できる濃密な1日になった。


オープニングアクトのあと、BiSHが<a-nation>に初参戦。セントチヒロ・チッチが「トップバッター、ガンガンやって帰ります!」と元気いっぱいに挨拶すると、ヘヴィなナンバーにのせて激しくヘッドバンキングを繰り出すなど、ロックなダンスと歌で会場を湧かせた。


ガテン系の作業着を着たCLIEVYが「現場はどこだ~!?」とステージ下で彷徨うというネタで、登場から笑いをとったシンガーソングライターユニットC&K。ダンサーを招いたアゲアゲのパーティソングから、CLIEVYとKEENの伸びやかな歌声が響き渡ったバラードまで、気分が激しく乱高下するジェットコースターのようなショータイムを見せた。


「僕たちは会場のみなさんと一緒に作り上げるライブです!」というカイの言葉のとおり、アグレッシヴなパフォーマンスで会場を一体にした超特急。腕立て伏せやボクシングをダンスに取り入れた「SAY NO」やポップで中毒性の高い新曲「Jesus」で、スクリーンに向かって変顔やキメ顔を連発するサービス精神満点のパフォーマンスを繰り広げた。


5年の活動休止期間を経て昨年再始動を果たしたCHEMISTRYも<a-nation>に初参戦。堂珍嘉邦と川畑要という全くタイプの異なる歌声が心地好く溶け合い、美しいハーモニーを届けていく。「PIECES OF A DREAM」や「Point of No Return」など惜しげもなく披露されたヒット曲の数々が、少しずつ陽が傾いてきたスタジアムに涼しい風を届けてくれた。


多国籍な9人のメンバーによるNCT 127。世界基準のヒップホップ/R&Bトラックにのせて、クールで挑発的な表情を見せながら、キレのあるパフォーマンスを繰り広げると、会場は大きな歓声に包まれた。「みなさんの素敵な夏の思い出になれるように頑張ります」とテヨン。今後さらに大きな舞台へとスケールアップしていくであろうNCT 127は、来年2月から7都市13公演をまわる初のジャパンツアーを開催することも発表した。


「TOKYO MERRY GO ROUND」の高い身体能力を生かした躍動感のあるダンスパフォーマンスで幕を開けたのはDa-iCE。「a-nation、調子はどうですか?」と大野雄大が問いかけると、リリースされたばかりの最新アルバム『BET』から、「Bodyguard」や「BET」などでスタジアムを湧かせる。花村想太がお客さんの歌うパートをレクチャーして会場が一体になった「エビバディ」のあと、タオル回しで盛り上がったサマーチューン「パラダイブ」では、「僕たちDa-iCE、幸せです!」という大野の言葉が熱かった。


BoAはm-flo・VERBALをゲストに迎えた「BUMP BUMP!feat.VERBAL(m-flo)」を披露。「久しぶりのa-nation、とても楽しみにしていました」と笑顔を見せたBoAは、バラード曲「Only One」のあと「夏フェスですし、ちょっと懐かしい曲を歌おうと思います」と語り、ヒット曲「LISTEN TO MY HEART」や「VALENTI」をメドレーで届けた。「一緒にBoAコールいきますか?」という言葉から、スタジアムに「BoA!BoA!」という大歓声が響き渡ると、最後はレトロと最先端のサウンドとが融合した最新ナンバー「Jazzclub」でスタジアムを魅了。BoAはこのステージで、7年ぶりとなるクリスマスライブ<BoA THE LIVE 2018 “X'mas”>を開催することも発表した。


LISAが復帰して、VERBAL、☆Takuとともに15年ぶりにオリジナルメンバーによる活動をスタートさせたm-flo。全員ブルーのつなぎ姿で登場すると、「gET oN!」のLISAバージョンからアクセル全開でスタジアムを盛り上げていく。サポートバンドにパーカッションとギタリストを加えた編成で、「TRIPOD BABY」や「SOUND BOY THRILLER」をノンストップで畳みかけると、LISAは「3人でステージに立つなんて久しぶり。とっても幸せです!」と笑顔を見せた。再出発に寄せる想いを込めた真骨頂のダンスチューン「No Question」のあと、VERBALが改めて☆TakuとLISAを紹介すると、LISAも「宇宙一のMCでしょ? 最高にかっこいい!」とVERBALを紹介。ラストソング「come again」まで歌い終えたLISAは感極まったように目を潤ませていた。


光るうちわで青く照らされていた会場が赤いサイリウムで染まると、4年ぶりに東方神起が<a-nation>のヘッドライナーとして登場。再始動後初の<a-nation>出演となる。悲鳴のような歓声が湧くなか、「Reboot」からライブはスタート。大勢のダンサーに囲まれて圧巻の歌とダンスで魅せる「ANDROID」と「Superstar」で序盤を盛り上げたあと、ユンホは「4年ぶりだけど、ブランクを感じさせないぐらい盛り上がってますね」、チャンミンは「ドキドキしていたけど、みなさんが楽しんでる笑顔を見たらパワーアップしちゃいますよね」と、表情をほころばせた。

MCを終えて次の曲にいこうとすると、もっとふたりの言葉を聞きたいとでも言うようにお客さんから「えー!?」という声。それに対して「これは単独ライブではないし(笑)」となだめるように言って、7月にリリースされた最新曲「Road」へ。穏やかなメロディにのせた“また歩いていこう”というフレーズに、東方神起の新たな決意を感じる楽曲だ。センターステージに移動したふたりが向き合い渾身の力で歌い上げたバラード「Bolero」のあと、再始動後のドームツアーやスタジアムでのライブを振り返り、チャンミンは「変わらずに東方神起のことを応援してくれて、ありがとうございます」と感謝を伝えた。

後半は「Purple Line」と「Why?[Keep Your Head Down]」という激しいナンバーの連続に、さらに会場はヒートアップ。「みんなこの曲、知ってる?」と問いかけた「ウィーアー!」から、ふたりはトロッコへと乗り込み、「OCEAN」「Summer Dream」「Somebody To Love」と、東方神起のライブには欠かせない楽曲をメドレーで繋いでライブは終了。満月の夜空に花火が打ち上ると、「みなさんのおかげで楽しかったです」(チャンミン)、「これからもがんばっていくので、東方神起の大きなちからになってください」(ユンホ)という誠実な言葉で、東方神起5度目のヘッドライナーのステージは大歓声に包まれて幕を閉じた。

「再始動」をトピックにしたメモリアルなステージが数多く披露されたほか、エイベックスが誇るエンターテイメントがすべて注ぎ込まれていた東京公演初日。この熱狂を引き継ぎ、8月26日にはファイナル公演が行われた。

取材・文◎:秦理絵

◆<a-nation>オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報